Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「絢爛:東映文芸映画の宴」チラシ

読書の秋に「飢餓海峡」「五番町夕霧楼」「ちいさこべ」など東映文芸映画28本上映

ナタリー

18/9/8(土) 21:40

特集上映「絢爛:東映文芸映画の宴」が、明日9月9日から11月3日まで東京・ラピュタ阿佐ヶ谷で行われる。

これは、文学作品を映画化した東映の作品をまとめて上映するもの。シリアスな作品やコメディなど、バラエティ豊かな28作品を楽しめる。このたびスクリーンにかけられるのは、実際の事故をもとに書かれた水上勉の小説を内田吐夢が映画化し、三國連太郎が主演を務めた「飢餓海峡」、金閣寺放火事件を佐久間良子演じる遊郭で働く女性の視点から描いた1963年版「五番町夕霧楼」、中村錦之助が主演を務めた山本周五郎原作の人情劇「ちいさこべ」などがラインナップされた。

上映スケジュールはラピュタ阿佐ヶ谷の公式サイトで確認してほしい。

絢爛:東映文芸映画の宴

2018年9月8日(日)~11月3日(土・祝)東京都 ラピュタ阿佐ヶ谷
※10月1日(月)はメンテナンスのため休館
料金:一般 1200円 / シニア、学生 1000円 / 会員 800円
<上映作品>
「黄色い風土」
「海の若人」
「恋愛自由型」
「故郷は緑なりき」
「娘の中の娘」
「ちいさこべ」
「松本清張のスリラー 考える葉」
「カレーライス」
「大地の侍」
「草の実」
「湖の琴」
「図々しい奴」
「続・図々しい奴」
「東京 丸の内」
「人生劇場 飛車角」
「母子像」
「人生劇場 続・飛車角」
「山麓」
「五番町夕霧楼(1963年)」
「秘密」
「花と龍」
「武士道残酷物語」
「花と竜 洞海湾の決闘」
「四畳半物語 娼婦しの」
「飢餓海峡」
「竜虎一代」
「孤独の賭け」
「旅路(1967年)」

アプリで読む