Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「蹴る」ポスタービジュアル

電動車椅子サッカー選手を6年追ったドキュメンタリー「蹴る」公開、予告編も

ナタリー

19/3/4(月) 10:02

電動車椅子サッカー選手を追ったドキュメンタリー「蹴る」が3月23日より公開決定。予告編がYouTubeにて公開された。

「プライド in ブルー」「アイ・コンタクト もう1つのなでしこジャパン ろう者女子サッカー」でも障害者サッカーを題材にした中村和彦が監督とプロデューサーを務める本作。生まれながらにして難病のSMA(脊髄性筋萎縮症)を抱える永岡真理や、筋ジストロフィーを患う東武範を中心に、電動車椅子サッカーワールドカップを目指す選手たちの競技に懸ける思いや日々の葛藤が6年にわたって捉えられている。

予告編には、試合の様子や練習風景のほか、永岡が「たくさんのドクターからも、その体でスポーツをするのは駄目ですと何度も言われました」と語るさま、東の「正直サッカーするのキツいんですけど、やりたくなっちゃうんですよね。なんか」という言葉が切り取られた。

「蹴る」は東京・ポレポレ東中野ほか全国で順次公開。

(c)「蹴る」製作委員会