Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「マローボーン家の掟」

4人兄妹を“何か”が襲うスリラー「マローボーン家の掟」J・A・バヨナが製作総指揮

ナタリー

19/2/4(月) 18:00

「ジュラシック・ワールド/炎の王国」「怪物はささやく」の監督J・A・バヨナが製作総指揮を務めた「マローボーン家の掟」が、4月12日に公開される。

本作は、バヨナの監督作「永遠のこどもたち」「インポッシブル」で脚本を手がけたセルヒオ・G・サンチェスが初監督を務めたサスペンススリラー。森の中にひっそりと佇む大きな屋敷で、不思議な5つの掟に従いながら生きていたマローボーン家の4人兄妹の物語を描く。劇中では、心優しい母が病死し、彼らが凶悪殺人鬼である父親を殺害したことをきっかけに、屋敷に住む邪悪な何かが動き出す。掟が次々と破られる中で、心身ともに追い詰められた長男ジャックは、ある決断を下すこととなる。

4人兄妹キャストとして、「はじまりへの旅」のジョージ・マッケイ、「サスペリア」のミア・ゴス、ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のチャーリー・ヒートン、そしてマシュー・スタッグが出演。彼らと心を通わせる重要なキャラクターを、「スプリット」のアニヤ・テイラー=ジョイが演じている。

「マローボーン家の掟」は東京・新宿バルト9ほか全国でロードショー。

(c)2017 MARROWBONE, SLU; TELECINCO CINEMA, SAU; RUIDOS EN EL ATICO, AIE. All rights reserved.