Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

the peggies「とびだせ ペギちゃんマン!~とべ!とべ!ペギちゃん~」東京・WWW X公演の様子。

the peggies、メガマキコ誕生日ワンマン&冬のツアー開催決定

ナタリー

18/7/6(金) 19:35

the peggiesが昨日7月5日に東京・WWW Xにて、ワンマンツアー「とびだせ ペギちゃんマン!~とべ!とべ!ペギちゃん~」のファイナル公演を開催した。

新作「なつめきサマーEP」の配信リリース日に行われたこの日のライブは大盛況。満員の観客の前に姿を現したthe peggiesは1月に発表したミニアルバム「super boy! super girl!!」の収録曲「GLORY」でライブをスタートさせた。ライブ定番曲「ちゅるりらサマフィッシュ」では恒例の「すいかわっしょいコール」がツアータイトルにちなんで「ペギちゃんわっしょい」バージョンに。さらに「BABY!」「MOTTO」といったアップチューンを披露し、会場の熱気を高めていった。

北澤ゆうほ(G, Vo)の切ない歌声が印象的な「スプートニク」やコール&レスポンスを巻き起こした「ハートビート」を経て、ライブは大貫みく(Dr)による「ドラムエクササイズ」のコーナーへ。大貫の刻むビートに合わせて観客がジャンプし、会場に一体感を作り上げた。北澤のテクニカルなギタープレイが光る「恋の呪い」では楽曲の世界観にマッチしたアニメーション映像を背に演奏を繰り広げた。

大貫と石渡マキコ(B)によるMCコーナーでは、今ツアー中にメンバーが忘れ物をしたことを報告。北澤はニンテンドー3DSのケースを、石渡は財布を、大貫は荷物すべてが入った紙袋を忘れてしまったそうで、2人はthe peggiesを「忘れ物バンド」と称して会場を笑わせた。

「なつめきサマーEP」収録の「かみさま」を届けたあと、バンドはクールでソリッドなロックチューン「ネバーランド」や代表曲の1つである「JAM」を披露。そして北澤は「一生懸命生きていればいるほど、日常のいろいろなことを量って、泣いたり笑ったりして、卑屈になったり捻くれたりすることが誰にでもあると思うんですけど、そんなとき私は真っ直ぐに背中を押してくれるような歌に助けられてきた。今は私がみんなに向けて背中を押せるような曲を書かなければいけない。人は生きていくには強くいないといけないから、そんな力になれるような曲を書きたいと強く決心して、この曲を書きました。幸せになることを恐れずに『どこへでだって行ってやるさ』って気持ちを持っていいと思う」と熱弁し、メジャーデビュー曲「ドリーミージャーニー」を熱唱した。

そして本編は「なつめきサマーEP」のリード曲「サマラブ超特急」、インディーズ時代の人気曲「LOVE TRIP」、その名の通り文房具屋さんの試し書きで書かれた言葉を組み合わせて歌詞が作られた「I 御中~文房具屋さんの試し書きだけで歌をつくってみました。~」でフィニッシュ。アンコールでは代表曲「グライダー」が届けられた。

この日のライブでは石渡の誕生日である8月27日にワンマンライブ「とびだせペギちゃんマン! ~Born in the ME.GA.MAKIKO~」が開催されることと、11月から全国ツアーが行われることが発表された。バンドのオフィシャルサイトではチケットの先行予約を受け付けている。

とびだせペギちゃんマン! ~Born in the ME.GA.MAKIKO~

2018年8月27日(月)東京都 下北沢SHELTER

the peggies 2018冬全国ツアー

2018年11月20日(火)宮城県 enn 2nd
2018年11月26日(月)福岡県 DRUM Be-1
2018年11月27日(火)岡山県 IMAGE
2018年11月29日(木)大阪府 BananaHall
2018年11月30日(金)愛知県 伏見JAMMIN'
2018年12月2日(日)東京都 TSUTAYA O-EAST
2018年12月7日(金)北海道 DUCE SAPPORO

アプリで読む