Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

橘ケンチが表紙を飾る「Discover Japan」12月6日発売号。

EXILE橘ケンチが秋田の蔵元とコラボ、全工程に携わった日本酒「亜麻猫橘」発売

ナタリー

18/12/3(月) 14:00

橘ケンチ(EXILE、EXILE THE SECOND)と新政酒造のコラボレーションによる日本酒「亜麻猫橘」が完成した。

新政酒造は1852年に創業した秋田の酒造会社。日本酒に造詣の深い橘は酒についてより深く学ぶために「造りに入ってみたい」と考え、交流を深めていた新政酒造とのコラボレーションを実現させた。

今回完成した「亜麻猫橘」は、新政酒造の人気銘柄「亜麻猫」をベースに作られており、4月の生もと立てから10月末のボトルセットまですべての工程に橘が携わっている。「亜麻猫橘」の詳細は橘が連載「今宵のSAKE」を担当する雑誌「Discover Japan」の12月6日発売号に掲載。

なお「亜麻猫橘」はボトルでの販売は予定されておらず、LDH kitchenが運営する東京・中目黒「鮨つぼみ」、恵比寿「小花」の2店舗にて12月15日よりメニューとして提供される。また12月14日には「Discover Japan」最新号と「亜麻猫橘」の発売を記念したイベント、1月28日には新政酒造の蔵元・佐藤祐輔氏を招いての酒蔵の会の開催も予定されている。詳細は「Discover Japan」およびLDH kitchen公式サイトにて確認を。

橘ケンチ コメント

日本酒に傾倒して全国の酒蔵さんを巡っていく中でもっと深くお酒について学びたいと考えた時に、造りに入ってみたいと思ったんです。同時に、新政酒造の佐藤祐輔社長は、独自の哲学で日本酒界に風を起こそうとしている方との印象がありました。そうして、造ることができるなら祐輔さんの元でという想いに至りました。やるからには全工程に携わりたいと時間の許す限り秋田に通ったんですが、蔵人のみなさんも快く迎え入れてくださっていいコミュニケーションを取らせていただくことができたと思います。実際完成した<亜麻猫橘>は、冷やして飲んでも美味しい上に、注いだお酒が常温に近づいていく過程を楽しむのも一興の1本になっています。また、今回亜麻猫橘を造れたことで、改めて自分なりの日本酒道が本質的に始まっていくような気がしています。そして、引き続き日本酒を深く追求してそのすばらしさを強く発信していける存在を目指しながら、日本酒を通してEXILEが大切にしている<日本を元気に<という命題を実現していけたらと思っています。

新政酒造代表取締役社長 佐藤祐輔氏 コメント

蔵として過去にもコラボレーションは何度かやってきましたが、今回ほどうちの造りの核心である生もとに真正面から取り組んだ例はほとんどありません。そういう意味でも、亜麻猫橘は我々とケンチさんがイーブンで向き合った真のコラボ酒だと思います。酒質も個性的でキレのある出来になっているので、多くの人に飲んでいただきたいですね。また、ケンチさんは日本文化に対して深く敬意を抱いているのが、一緒にやっていてもとても伝わってきました。酒を介して日本を代表するパフォーマーの仕事ぶりを垣間見ることができて、新政酒造としても刺激を受けました。実際、最後のラベル貼までほぼ全工程に関わってもらえるとは思っていなかったので、驚いたというのも正直な感想です。日本酒の世界にはきき酒師の方など多くいらっしゃいますが、現場にがっちり入って携わる人はほとんどいないだけに、今回うちのような伝統技法もしっかり経験されたことで、本当の意味でのスポークスマンになっていただけるような気がしています。

「Discover Japan」独立出版リリース記念イベント

2018年12月14日(金)東京都内某所

LDH kitchen WALKABOUT 47.JAPAN×Discover Japan「新政酒造佐藤祐輔氏を招く<亜麻猫橘>の会」

2019年1月28日(月)東京都 錦織

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play