Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「加藤剛お別れの会」祭壇の様子。

加藤剛お別れ会に横内正ら、俳優座・岩崎加根子が挨拶「この退場は大きな痛手」

ナタリー

18/9/30(日) 20:01

6月18日に胆のうがんで永眠した加藤剛を偲ぶ「加藤剛お別れの会」が、本日9月30日に東京・青山葬儀所にて行われた。

1938年生まれの加藤は、早稲田大学文学部で演劇を学び、62年にドラマ「人間の條件」の主人公・梶役で俳優デビューを果たす。俳優座養成所を経て64年に俳優座に入団。70年から99年まで放送されたテレビドラマ「大岡越前」では、大岡忠相役を務め人気を博した。また「わが愛三部作」などの俳優座公演や外部の舞台、映画、ドラマを中心に活躍。2001年に紫綬褒章、08年には旭日小綬章を受賞した。

お別れ会には里見浩太朗、草刈正雄、東山紀之、近藤芳正ら多くの著名人が出席。加藤が静岡県出身だったことにちなみ、祭壇には茶畑や富士山を模した花が飾られ、その上で加藤が芝居をしているさまが表現された。

俳優座代表として挨拶した岩崎加根子は、「加藤剛は正義感が極めて強く、個性的で、あくまで純粋に演劇を追求していく俳優でございました」と加藤を偲ぶ。また、加藤が生前に“自分は劇中劇のような人生を、地球という舞台で演じ終え、さりげなく退場する心づもりだ”と語っていたことについて触れ、「この退場は俳優座にとりましても大きな痛手でございますが、故人の美徳を損なうことなく、全力を上げ劇団の発展に尽力いたす所存でございます」と真摯に語る。

続いて、加藤の息子である夏原諒と加藤頼が「こんなに素敵な方々に愛され慕われ支えられた、80年間の素晴らしい人生でした」「今日は次の公演の心配をしなくていい。最後の晴れ舞台です。最後のカーテンコールとして、お集まりになった皆様の拍手を捧げていただけたら」とそれぞれ挨拶。そして会場中が温かい拍手で満たされる中、お別れの会は終了した。

その後行われた囲み取材では、俳優座で加藤と同期だった横内正が取材に応じた。横内は「本当に誠実な方で、僕から見たら兄貴みたいな存在でした。とても寂しいですが、こういう送り出しができてよかった」としみじみとした口調で、お別れ会を終えた心境を語った。