Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©1970 IMEC

アラン・ロブ=グリエ監督作の特集上映が開催、『エデン、その後』など6作

CINRA.NET

19/5/3(金) 12:00

特集上映『早稲田松竹クラシックスvol.147/ARG アラン・ロブ=グリエ監督特集』が、5月4日から東京・高田馬場の早稲田松竹で開催される。

20世紀の文学潮流「ヌーヴォー・ロマン」の代表的作家として知られるアラン・ロブ=グリエ。特集上映ではロブ=グリエによる監督映画を上映する。

上映作品は、監督デビュー作『不滅の女』、麻薬の運び屋のドタバタ劇をメタフィクションとして描いた『ヨーロッパ横断特急』、ホルヘ・ルイス・ボルヘスの短編小説『裏切り者と英雄のテーマ』を下敷きにした『嘘をつく男』、初のカラー作品『エデン、その後』、ヨーロッパ各国で上映禁止となった『快楽の漸進的横滑り』、ルネ・マグリットの同名の絵画をモチーフにした不条理サスペンス『囚われの美女』の6作品となる。

上映スケジュールは早稲田松竹のオフィシャルサイトで確認しよう。