Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

山下智久ら「コード・ブルー」ファンミーティングで日本横断、各地の方言で挨拶

ナタリー

18/7/23(月) 11:52

「コード・ブルー」シリーズのファンミーティングが、7月21日と22日の2日間にわたって開催され、キャストの山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介が全国4都市を巡った。

これはテレビドラマ「コード・ブルー」1stシーズンの放送から10周年を迎えたことと、「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」の公開を記念し、ファンへの感謝を込めて行われたもの。4人は北海道、愛知、大阪、福岡の4都市へ赴き、各会場で順番にイベントMCを担当し、自撮り棒を使ってファンと記念撮影するなど、4000人を超える観客と交流を楽しんだ。

21日、一行はまず北海道の札幌プラザ2・5のステージに登壇した。ここでは山下が映画イベントで初めてMCを担当することになり、緊張を見せつつ「北海道には高校の修学旅行で来たことがあるんですが、当時ウニを食べられなかった僕が、北海道でウニを食べてから、なまら好きになったねー」と方言を交ぜながら思い出話を披露した。

続いて愛知・武田テバオーシャンアリーナで行われたイベントでは、新垣と戸田がMCを担当。新垣は「みんな元気にしとるー? 今日はMCやるもんで最後まで楽しんでってちょー!」、戸田は「でら暑いけど、待っとってくれてありがとー! 今日は楽しもまい!」と挨拶し、2人とも初のMCでありながら息ぴったりの掛け合いで会場を盛り上げる。

翌22日は大阪・大阪商工会議所からスタート。大阪ならではのパワフルな雰囲気の中、関西出身の戸田が新垣に関西弁を指南するなど、皆リラックスした様子でイベントを楽しんだ。

そして最後は福岡・エルガーラホールへ。大阪から福岡へ飛行機で向かった一行だったが、雷の影響で福岡空港に着陸できず、急遽熊本空港からバスで会場へ向かうハプニングも。イベント開始予定時刻から30分遅れてしまったものの、福岡の温かいファンに迎えられ、山下は「皆さんに会えてうれしいばい!」と感謝。比嘉と浅利も「来てくれている皆さんに感謝しとうよ。楽しんで行きんしゃい」「こんなに集まってくれてちかっぱうれしかー」とそれぞれ挨拶し、MCとして劇中同様のコンビネーションを見せた。

「劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」は7月27日より全国でロードショー。

(c)2018「劇場版コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命-」製作委員会

アプリで読む