Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「シャザム!」“緊急発表会見風”イベントに出席した佐藤二朗(左端)、福田雄一(右端)。

「シャザム!」菅田将暉のコメントに佐藤二朗「俺のことに一言も触れなかった…」

ナタリー

19/3/26(火) 20:29

「シャザム!」の“緊急発表会見風”イベントが本日3月26日に東京・新宿バルト9にて開催され、日本語吹替版キャストの佐藤二朗、吹替版の監修と演出を担当する福田雄一が登壇した。

DCコミックを原作とする本作は、「シャザム!」という魔法の言葉を唱えることで、6人の神々のスーパーパワーを発揮する悪ガキ・ビリーの冒険をコミカルに描く作品。「ふたつ返事で引き受けました」とオファー時を振り返る福田は、「引き受けてから観たので『つまんなかったらどうしよう?』ってドキドキしてたんです。でも、本当に面白かったから『あーよかったー!』って(笑)。そこから吹替版のキャストを考え始めました」と明かす。

ここで、MCの呼び込みによりタキシード姿の佐藤が登場。MCから“メインキャスト”と紹介された佐藤だが、「メインキャストではないんですよ。だから今日ここに呼ばれた理由もよくわかってなくて……」と戸惑う。「大体あなたとセットで呼ばれるんだよね」「図体のでかいおっさん2人だから画的に引きがないよ」と佐藤と福田がぼやく中、MCが突然“ドッキリ大成功!”の札を出し、真のメインキャストがいることを伝えると、2人は「誰もだませてないよ!」「メンタルが強いな!」と口々にツッコんだ。

仕切り直してMCは、吹替版で主人公ビリーの変身した姿であるヒーロー・シャザムの声を菅田将暉が担当することを発表。残念ながら本イベントを欠席した菅田は、ビデオメッセージの中で「深夜の連ドラとかの1シーンで、撮影も1日で終わるような『また低予算系かな』なんて思っていたら『なんかえらいどでかい仕事来たな!』とすごくびっくりしました」「福田さんがついにパロディじゃなくてマジヒーローをやる、というところも胸が躍りました」とコメントする。映像が終わると佐藤は「びっくりするくらい将暉は俺のことに一言も触れなかったね……」とシュンとしながらつぶやいた。

佐藤の配役については、後日正式に明らかになるとのこと。佐藤は「合計で7分くらいしかないチョイ役です」と言及し、「ヒントとしてリップシンクを合わせようと意識しなくていい役でした」と明かす。また、アフレコ時には本作が完成しておらず、全編観ていないという佐藤は福田から「観てねえのかよ!」とツッコまれると「また怒られるかな? 『観てねえのかよ!』って。やっぱり観ました!」と慌てて訂正し、報道陣の笑いを誘った。

デヴィッド・F・サンドバーグが監督を務める「シャザム!」は、4月19日より全国でロードショー。

(c)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

アプリで読む