Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

キスマイ 藤ヶ谷太輔、初ソロラジオ前に滝沢秀明&中居正広へ挨拶 エピソードから見えた生真面目さ

リアルサウンド

19/4/17(水) 6:00

 Kis-My-Ft2 藤ヶ谷太輔のソロレギュラーラジオ番組『藤ヶ谷太輔 Peaceful Days』(ニッポン放送/土曜よる10時30分~11時)が、4月よりスタートした。藤ヶ谷にとって、これが初のソロラジオとなる。

(関連:Kis-My-Ft2、7人で迎えた7周年の今こそ7色のカラーは色濃く輝く 藤ヶ谷太輔の発言から考える

 Kis-My-Ft2のラジオは、MC役の北山宏光が番組を進行し、二階堂高嗣、千賀健永、宮田俊哉が、前のめりでトークを繰り広げ、玉森裕太や横尾渉は少しちょっかいを出されながら期待された振りに応えていく……というのが見慣れた風景。藤ヶ谷はメンバーの話を温かく見守る、聞き上手な面が際立っていた。

 そんな藤ヶ谷がソロでトークを展開していくこの番組。第1回となる4月6日放送回では、冒頭から「早く慣れたいな」とこぼし、まだまだひとり喋りは慣れないようだ。「コンセプトとしましては、背伸びは全くしません。そして、カッコもつけません。とにかく自分のスタイルで、話していきたいなと思っていますので、ぜひみなさん今後共よろしくお願いします」と、藤ヶ谷の生真面目な性格が全面に出た堅い挨拶からスタート。

 ニッポン放送の土曜夜10時30分から30分間という番組枠は、11年に渡って滝沢秀明がパーソナリティを務めた『タッキーの滝沢電波城』が放送されていた。その枠を引き継ぐ形になった藤ヶ谷は、すぐに滝沢に挨拶に行ったという話を披露する。

 だが、まだ藤ヶ谷がソロラジオ番組を手がけることを知らなかった滝沢は「何か悩みがあるんじゃないかとか、報告することがあるんじゃないかって、ノートとペンも持ってきてくれて、“どうした、どうした?”って」と真摯に対応したという。その様子に、どれほど藤ヶ谷がかしこまっていたかがうかがえて微笑ましい。「滝沢くんがやられていた枠で、ラジオをやらせていただくことになりました」と、これまた大真面目に報告をした藤ヶ谷に、滝沢は「とにかく自分の好きなように、好きな時間にしたらいいんじゃないか」と背中を押してくれたようだ。

 また、この番組のあと夜11時からは『中居正広 ON & ON AIR』(ニッポン放送)が控えているということで、中居にも「中居さんのラジオの時間の前、やらせていただくことになりました」と挨拶に行ったという藤ヶ谷。かねてよりKis-My-Ft2をかわいがってきた中居は「いいじゃん、いいじゃん。お前、絶対そういうのやったほうがいいよ」と予想以上に喜んでくれたという。

 Kis-My-Ft2の派生ユニット・舞祭組をプロデュースしてきた中居。藤ヶ谷に対しても、思うところはあったのか「お前は、とにかくしゃべって好きなこといろいろやっていったほうがいいよ」と、アドバイス。そんな頼れる兄貴分のエールに、藤ヶ谷も“やったー、俺も中居さんにパス振っちゃおうかな~”と思ったのも束の間、中居はすべてを察したのか「ってことは、お前からいいパスくるってことでいいんだな? お前から変なパスが来たら、俺も変なテンションで始まるからな、そこだけ考えとけ」と発破をかける。

 「“あ、はい。失礼します”って、部屋を出たわけですけど(笑)」と、ピリッとした空気だったことを話しながらも、嬉しそうな藤ヶ谷。後輩の新たな門出に、真剣に向き合ってくれる先輩がいることのありがたみを感じ、「ジャニーズの縦の関係はいいなって思いましたし、そういうの背負いながら自分らしくやっていけたらいいなと思います」と決意を語った。

 ラジオ本編もリスナーに「パパ・ママ呼びを、父・母呼びに変えたほうがいい」と真剣にアドバイスをするなど、藤ヶ谷のまっすぐな性格を堪能できる内容に。そして、初回のエンディングからさっそく「中居さん、聞いていただけているのであれば、感想ないしはアドバイス、いただければなと思います。たぶん、“全然おもしろくなかった”って言われると思いますが(笑)。中居さんがクスって笑っていただけるように、頑張っていきたいと思います」と締めて、果敢にパスを出していく一面も。

 また、4月13日放送の第2回も「難しいですね。でもやっぱり難しいものは楽しいなって思いますね。挑戦することは好きなので」と慣れないながらも、ジャニーズJr.からの戦友であるA.B.C-Zの河合郁人や、親友のKis-My-Ft2 横尾渉を、プライベートで会うような雰囲気でゲストに招きたいなど、“自分らしくやっていく”イメージができてきたようだ。

 そして、ラストには「中居さんの好きなところをお伝えしたいと思います。人のことを大切にしてくれるところですね。もし、中居さんが聞いてくださってるのであれば、私、藤ヶ谷の好きなところをひとつ上げていただけたらな、と思います……すみません」と愛を込めたパスも忘れない。

 果たして、藤ヶ谷のパスを中居は受けてくれるのか、という点でも、これからが楽しみな『藤ヶ谷太輔 Peaceful Days』。不慣れなパーソナリティっぷりも、きっと今ならでは。そんな期間限定な藤ヶ谷の新しい一面をお見逃しなく。(文=佐藤結衣)

アプリで読む