Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「月刊 松田凌×小林裕和」のお気に入りページを開く松田凌。

松田凌「26歳の今の自分の咆哮」、写真集「月刊」リリース

ナタリー

18/7/31(火) 19:15

写真集「月刊 松田凌×小林裕和」の発売記念イベントが、7月29日に東京都内で開催された。

本書は写真家・小林裕和と舞台俳優によるコラボ企画の第11弾。撮影は韓国や国内の廃墟、実際に燃え盛る炎の前などで行われ、その撮れ高から1冊にまとめることが不可能となり、「月刊松田凌×小林裕和」「別冊月刊松田凌」「別冊月刊松田凌 II」「別冊月刊松田凌 III」の4作に分けてリリースされることとなった。

発売記念イベント当日に取材に応じた松田凌は「26歳の今の自分の咆哮です」と、本書に込めた思いについて話し、「今まで自分が役者として重ねてきたものと、1人の人間として重ねてきたもの、ずっと内に秘めていたものを全部解放させたかった。松田凌という人間はこうなんだっていうのを、今回のお話をいただけて、1冊に詰め込みたかったんです」と感慨を述べる。

また撮影時の苦労について尋ねられると、「自分の信頼しているスタッフが集まってチームを組んで取り組んだ本作だからこそ、自分に課したハードルを超えなければならないというところが、最大の苦労でした」と振り返った。

本書がこれまでの松田のイメージとは異なる作品に仕上がっている要因を聞かれると、松田は「誰かと一緒に作品を作り上げていくというところだったのかなと思います。違う自分って、自分1人じゃ探せないなって。このチームの各セクションが尽力した結果、松田凌の知らない松田凌が生まれたと思います」と答えた。

さらに本作の出来栄えについて「今の自分にとっては100点です。27歳になったら0点にして、また同じチームと制作できるのであれば、その先の点数を求めていきたいなと思います」と自信をのぞかせる松田は、今後の目標について「仕事では芸歴10年までに100作を目指したいです! プライベートの目標は、海外一人旅をしてみたいなと思っています」とコメント。最後には本書について「見どころしかない! ぜひ、手に取ってたしかめてみてください。すべては、この1冊に込められています」とファンに呼びかけた。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play