Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男」

テニス界の“悪童”マッケンローを演じたシャイア・ラブーフが自身との共通点に言及

ナタリー

18/8/9(木) 19:30

「ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男」で、テニス選手のジョン・マッケンローを演じたシャイア・ラブーフのインタビュー映像がYouTubeで公開された。

1980年、ビヨン・ボルグとマッケンローが対決したウィンブルドン決勝戦を映画化した本作。尊敬する父親に認められたいと思いながら、感情をコントロールできないまま大人になってしまったマッケンローの怒りや切なさを体現したラブーフは「マッケンローのすべてに親しみを感じる。理解できるんだよ」と吐露する。そして「大騒ぎしている試合がたくさんあるけど、彼は完璧を強く求める男なんだ。そんな性格を背負って生きるのは簡単じゃないよ」と、彼の姿を自分自身と重ねるように語った。

またラブーフは、マッケンローについて「彼は型破りの巨匠だ」ともコメント。「とても独特で我が道を行く人。ただテニスをしているだけなら、ここまで長けることはないよ。完全に取り憑かれている芸術家のよう。マッケンローはアマデウスだ。モーツァルトだ」と、ボルグとともにテニス界のトップを走ったマッケンローをたたえている。

「ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男」は、8月31日より東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国で順次ロードショー。

(c) AB Svensk Filmindustri 2017

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play