Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ルパンレンジャーVSパトレンジャーVSキュウレンジャー」完成披露舞台挨拶の様子。

「ルパパトキュウ」伊藤あさひや結木滉星がダンス!最後のコレクションは“南圭介”

ナタリー

19/4/16(火) 19:40

「ルパンレンジャーVSパトレンジャーVSキュウレンジャー」の完成披露舞台挨拶が、本日4月16日に東京・新宿バルト9にて開催され、伊藤あさひ、結木滉星、岐洲匠、國島直希ら16名が登壇した。

VSシリーズ最新作に当たる本作は、スーパー戦隊第42作「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」と、第41作「宇宙戦隊キュウレンジャー」がコラボするもの。舞台挨拶にはまず「ルパパト」から伊藤、結木、濱正悟、横山涼、工藤遥、奥山かずさ、元木聖也、「キュウレンジャー」から岐洲、岸洋佑、山崎大輝、大久保桜子、榊原徹士、田口翔大、南圭介、そして監督の加藤弘之が登場した。

スティンガー役の岸は、自己紹介で「ヘビツカイシルバー / ナーガ・レイ役の……」と山崎の役名を言って笑いを誘う。するとスパーダ役の榊原も「ホウオウソルジャー / 鳳ツルギ役の……」と南の役名を名乗るが、そのとき当の南はまだマイクが回ってきておらず「マイクない人の名前を(言うな)!!」と地声で雄叫びを上げる。さらに佐久間小太郎役の田口や、加藤までもが「ホウオウソルジャー役」を名乗って爆笑を起こした。

勢いのあるキュウレンジャーチームを見て、夜野魁利役の伊藤は「お笑い芸人さんの集団みたい。噂には聞いていたんですけど(笑)。この映画ではルパンレンジャー、パトレンジャー、キュウレンジャーがちゃんと混在できていたので、すごいなと思った」とコメント。また朝加圭一郎役の結木は、本作の企画を聞いたときの心境を尋ねられ「そうですね。お話を受けました」とだけ返してしまい、早見初美花役の工藤から「大丈夫ですか!?」とキュウレンジャーの空気にのまれていることを心配された。

そしてラッキー役の岐洲は「共演してから、朝加圭一郎くん(結木)が、鳳ツルギ(南)のせいで『もうキュウレンジャーとは当分コラボしなくていい』って言ってて……」と暴露して、南を慌てさせる。しかしマイペースな岐洲がそこで話を止めてしまったことから、南が「終わりなの!? ……皆さんと共演できて、うちの岐洲匠は喜んでおります」とトークを回収。それを見た高尾ノエル役の元木らは「天才だ」と感嘆の声を上げていた。

本作の劇中では、快盗の3人が警察チェンジし、パトレンジャーに変身している。工藤が「不慣れなことはするもんじゃないなと思いました(笑)。パトレンジャーの3人は、日々一緒にいるからこそのチームワークがあって成り立ってるんだなと感じました」と言うと、宵町透真役の濱も「なかなか、はまらないんだよね」とVSチェンジャーにトリガーマシンをはめる難しさを回想。すると結木が「俺もはまってないから」とあっさり答えて観客を驚かせる。また国際警察3人が劇中で披露した扮装について結木は「俺は眼鏡マストなの」と言い、濱に「目悪いの?」と聞かれると「目、いいのよ」と再びあっさり返した。

また岸は、撮影初日にキャスト全員で食事とボウリングに行ったことを告白。「キュウレンジャー対ルパン対パトだったけど、うちの南さんはどこのチームにいたんだっけ?」と振られた南は「ルパンだね」と答える。山崎に「盗まれてんじゃん!!(笑)」と言われた南は「最後の(ルパン)コレクションだったか、俺。お待たせ!」とポーズを決めるが、工藤から「待ってないから!」と拒絶されてしまった。

そして舞台挨拶の終盤に、「動物戦隊ジュウオウジャー」門藤操 / ジュウオウザワールド役の國島の出演が解禁となり、本人がステージにサプライズ登場。國島は壇上で体育座りなどをして場を沸かせたのち、「僕は本当にスーパー戦隊が大好き。町で子供を見かけたら、自分から『ジュウオウザワールドだよ』って言っちゃうくらい好き」と愛をアピールして周囲にツッコまれる。カメラテストで毎回違う芝居をしたため、明神つかさ役の奥山から「ひどかった!」と言われた國島は「監督から、ジュウオウジャーのほかの5人の思いを背負って出ろと言われたので、気合いを入れて臨みましたけど……ひどかったね」と自虐的にコメント。また「毎年さっそうと現れて、流れ星のように去っていくヒーローがいてもいいじゃないですか! いつでも準備しておきますので、よろしくお願いします」と今後の出演にも意欲を見せた。

そんな國島の挨拶のあと、結木は「僕だったらあんな出方、絶対嫌ですけどね(笑)」とジョークを飛ばし、「ラッキーと圭一郎の関係は、僕にとっても見どころです。ぜひまた劇場に足を運んでいただけたら」と観客に呼びかける。そして伊藤は「この映画で縦のつながりを感じられてよかったです。スーパー戦隊シリーズを、これからもよろしくお願いします」と挨拶。最後にキャスト全員で、エンディングダンス「キュータマダンシング!」を披露し、イベントは終了した。

「ルパンレンジャーVSパトレンジャーVSキュウレンジャー」は、5月3日より期間限定上映。8月21日にはソフトも発売される。

(c)2019 東映ビデオ・東映AG・東映 (c)2018 テレビ朝日・東映AG・東映

アプリで読む