Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

上戸彩、『絶対零度』クランクアップ 「第10話はおいしいカタチで出番をいただき(笑)」

リアルサウンド

18/9/9(日) 13:00

 9月10日に最終回が放送されるドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(フジテレビ系)で、桜木泉役を務める上戸彩がクランクアップを迎えた。

【写真】横山裕、『絶対零度』クランクアップ 「本当にいろんなことを吸収できる現場でした」

 シーズン1ではコールド・ケースと呼ばれる“未解決事件”を、シーズン2では“潜入捜査”をテーマに、新米女性刑事・桜木泉(上戸彩)の活躍と成長を描いてきた『絶対零度』シリーズ。現在放送中のシーズン3では、新たに元公安のエリート刑事・井沢範人(沢村一樹)を主人公に、“未来の犯罪を予測して捜査する”ことをテーマにした物語が描かれている。

 フジテレビの湾岸スタジオで沢村と最後のシーンを撮り終え、「上戸さんオールアップです!」の声があがると、拍手するスタッフに上戸は何度もお礼。大きな花束を持った沢村が「お疲れさまでした!」と声をかけると、上戸は「ありがとうございます!」と花束を受け取り、沢村と握手をして、最後のあいさつを交わした。

 第9話の終盤では、井沢が、誘拐ビジネスを手がける犯行グループに拉致された山内(横山裕)の救出に向かうと、ベトナムで死んだはずの桜木の姿が。桜木は、すでに犯人たちを拘束していたが、井沢に銃を向け「あなたは、ミハンに組み込まれた人間?」と憎しみの眼差し告げていた。第10話では、井沢は、桜木がミハンを知っていたこと、彼女の上司だった長嶋(北大路欣也)が資料課を探っていたことに触れ、何か知っているのかと東堂(伊藤淳史)に尋ねる。ミハンチームは、新たな危険人物に表示された「桜木泉」を捜査することになり、ミハンと桜木の意外な繋がりが描かれることになる。

■上戸彩コメント
ありがとうございます。みなさん、お疲れ様でした。私はほとんど家のテレビの前で、オンエアを見させて頂いていたんですが、本当にミハンチームのみなさんの仲がよさそうで、桜木の名前が出るたびに、ドキドキうれしい気持ちにもなりましたし、ミハンの仲間に入れてもらいたいなーっていう気持ちでいっぱいでした。なので、第10話はおいしいカタチで出番をいただき(笑)、フジテレビさんの連ドラで帰ってきたのは久々だったので、顔見知りのスタッフの方にもたくさん会えて、本当に幸せな楽しい時間でした。本当にありがとうございました!

(リアルサウンド編集部)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play