Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「がっこうぐらし!」公開披露舞台挨拶の様子。左から間島和奏、長月翠、阿部菜々実、清原梨央、柴田一成。

「がっこうぐらし!」ラストアイドル4人に卒業証書、阿部菜々実「演技って楽しい!」

ナタリー

19/1/26(土) 15:01

「がっこうぐらし!」の公開記念舞台挨拶が本日1月26日に東京・TOHOシネマズ 日比谷にて行われ、キャストを務めたラストアイドルの阿部菜々実(LaLuce)、長月翠(LaLuce / シュークリームロケッツ)、間島和奏(Someday Somewhere)、清原梨央(Someday Somewhere)と監督の柴田一成が登壇した。

学校で24時間共同生活を送る学園生活部の女子高生4人が、ゾンビのような“かれら”とサバイバルを繰り広げる本作。阿部は「私たちの映画が全国で公開されているという実感はまだないんですが、感想をいただけてうれしいです」と笑顔を見せる。「実写化のファーストインプレッションがよくなかったから、不安でエゴサーチができなかった」と吐露した長月は「でも昨日ついに(エゴサーチを)しました!」と報告し、感想のツイートを見て泣きそうになったことを明かした。

間島は長月の言葉にうなずきながら、「私も原作が好きだったので、いつ刺されてもおかしくないぞって(笑)。でも原作ファンの方も認めてくださっていて、本当にうれしかったです。皆さんの声が力になるので、ぜひ感想を送っていただけたら」と呼びかける。清原は「反響がすごくいいですよね」と手応えを語り、「私は毎日エゴサーチして、反応を見てはニヤニヤしています」とほほえんだ。

ここでサプライズとして、柴田からキャストたちに卒業証書を授与することに。柴田は阿部に「全然しゃべらない方ですが、すごくがんばっているのが見ているとわかる。内に秘めた闘志が人一倍でした」、長月に「一番難しい役だった。長月翠さんじゃなければ成立しなかったと思います」、間島に「最初から演技がうまかった。間島さんのお芝居によって救われているシーンがたくさんあります」、清原に「最初は本当に駄目だったんですが(笑)。でも役の気持ちの移り変わりをうまく表現してくれました」とメッセージを送る。

柴田からの言葉を真剣なまなざしで聞き、お辞儀をしながら卒業証書を受け取ったキャストたち。阿部は「まさか卒業できるとは思ってなかったです」と驚いた様子を見せ、「この作品と出会う前は女優にはならないって思っていたんですけど、『がっこうぐらし!』を通じて演技って楽しいなと感じました」と述べる。長月が「急にさみしくなってきました。まだ卒業したくないんですけど……」としんみり話すと、柴田は「じゃあ留年で」と切り返し、会場の笑いを誘った。イベントには、本作のエンディングテーマを担当するWi-Fi-5の高野渚、トミコ クレア、さぃもん、白鳥来夢も駆け付け映画公開を祝福した。

「がっこうぐらし!」は全国で公開中。

(c)2019映画『がっこうぐらし!』製作委員会

アプリで読む