Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「十二人の死にたい子どもたち」

とまんが死体役で「十二人の死にたい子どもたち」出演、“死体の生実演”も実施

ナタリー

19/1/11(金) 12:00

「十二人の死にたい子どもたち」に、モデル・俳優のとまんが出演していることが明らかになった。

冲方丁の小説をもとにした本作では、廃病院に集まった未成年12人が13人目のまだ生温かい死体を発見したことから疑心暗鬼に陥っていくさまが描かれる。監督を務めたのは「人魚の眠る家」の堤幸彦。12人の子供たちを杉咲花、新田真剣佑、北村匠海(DISH//)、高杉真宙、黒島結菜、橋本環奈、吉川愛、萩原利久、渕野右登、坂東龍汰、古川琴音、竹内愛紗が演じた。

とまんは物語の軸となる死体役で出演する。またこのたび1月19日に東京・新宿ピカデリーにて、とまんが“死体の生実演”を行うこともわかった。劇場オープン時より整理券が配布され、人数制限を設けて複数回実施される予定だ。詳細は追って映画の公式サイトおよびTwitterにて発表される。

「十二人の死にたい子どもたち」は1月25日より全国で公開。

十三人目の死体役“生”実演

2019年1月19日(土)東京都 新宿ピカデリー 1階エントランス
<登壇者>
とまん

(c)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える