Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

風男塾ら男装エンタメプロジェクト・dreamBoat始動 世界への意気込みも語る

リアルサウンド

19/4/7(日) 18:00

 <インペリアルレコード>(株式会社テイチクエンタテインメント)とケイダッシュステージがタッグを組み、新たな総合男装エンタメプロジェクト・dreamBoatが発足した。参加グループは男装ユニットのパイオニア的存在である風男塾、そして弟分グループのael -アエル-、EUPHORIAの3組。そのお披露目イベント『dreamBoat convention 2019』が、4月7日渋谷ストリームホールにて行なわれた。

(関連:新生・風男塾、“武道館宣言”と歴史を見せた10周年記念ライブ

 会場には3組のファンが集まり、開演前から超満員。テイチクエンタテインメント代表取締役社長・高木司氏の挨拶が終わると早速ライブがスタートする。まずはEUPHORIAが登場し、「君はDestiny」を披露。詩織叶逢の伸びやかな歌声が印象的だ。白いスーツの衣装に身を包み、くるくるとダンスをする彼らは、さながら王子様のよう。MCでは一人ずつ自己紹介をし、「本日から本格始動をしていきます、よろしくおねがいします」(詩織)と改めて挨拶。また2曲目の「HORIZON」の振付レクチャーも行った。海憧乙綺のキレキレのお手本のおかげもあり、ファンもバッチリ踊りながらライブでの一体感を楽しんでいた。

 続いては、ael-アエル-が登場。まずは、この日参加できなかった祈夜星波からのVTRが流れ、自分のパートだけ事前にレコーディングしイベントに挑む旨が説明される。続いて登場SEが流れ、有光陽稀の「いくぞー!」というシャウトで「終わりなきラプソディ」がスタート。クールなパフォーマンスを披露すると、「はじめまして、ael-アエル-です!」の挨拶から一人ずつ自己紹介。続く「Starry night」も大盛り上がりを見せ、「最後まで楽しんでいってください、以上、ael-アエル-でした」と元気の良いコメントとともに先輩にバトンを渡した。

 そして、真打ち・風男塾が登場。1曲目は、6月19日発売の新曲「Dash&Daaash!!」。プロデュースチーム・Q-MHz提供のワチャワチャした曲調が、風男塾にピッタリだ。本人たちもコロコロと表情を変え、楽しそうにパフォーマンスしていく。2曲目は、風男塾の代表曲とも言える「同じ時代に生まれた若者たち」。マイクスタンドを使いつつ、印象的でメッセージ性の強い歌詞を観客に届けていく。ファンの歓声も一際大きく、メンバーカラーのペンライトが一斉に宙を舞っていた。

 ここで、愛刃健水が「3組で盛り上がっていきたいと思っていますので、よろしくお願いします」と意気込みを語り、EUPHORIAとael-アエル-を呼び込む。すると、dreamBoat最新情報が発表された。1つめは、「3カ月連続シングル発売」。6月19日の風男塾『Dash&Daaash!!』を皮切りに、7月にael-アエル-、8月にEUPHORIAのデビューシングル発売が決定した。2つめは、「今秋スペシャルイベント(仮)開催予定」。連続シングルリリースを経てのスペシャルイベントとあり、さらに成長した3組の姿が見られそうだ。そして、最後は3組揃って風男塾の楽曲「男装レボリューション」を披露。総勢17人での迫力満点のパフォーマンスが終わると、ファンによる写真撮影タイム。SNS投稿OKとあり、会場のあちこちからカメラの連写音が鳴り響く。最後は、全員で「ありがとうございました」と挨拶をしてイベントは幕を下ろした。

 そしてイベント後の囲み取材では、dreamBoatへの意気込みが語られた。「これから男装文化をもう一度広げていきたいなという気持ちがありますので、3組で力を合わせて頑張っていきたいと思います」(愛刃)、「これからael-アエル-7人としても、dreamBoatの一員としても頑張っていきたいと思います。ロックでかっこいいグループを見せていけたらと思います」(有光)、「お兄さん2グループに負けないように、追いついて、追い抜いて頑張りたいと思います。EUPHORIAという名前に合う幸福感、そしてキラキラした衣装が似合う王子様のようなグループを目指して頑張りたいと思います」(詩織)と、それぞれ思いを語る。さらには、「男装という文化は世界が興味がある文化で、それを代表しているのが日本。ぜひライブに足を運んでキュンキュンしてもらいたい。これから海外に向けて、英語や中国語も勉強していきたい」(愛刃)、「海外でライブもできたらいいな」(詩織)と世界に向けてのメッセージも。日本国内だけでなくワールドワイドな活躍にも期待が高まるdreamBoat。各グループごとのキャラクターを活かして、大きく羽ばたく姿を楽しみに見守りたい。(取材・文=高橋梓)