Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

sumikaの全国を巡る旅は日本武道館から始まったーー『Chime』ツアー初日公演レポート

リアルサウンド

19/3/22(金) 18:00

 sumikaが3月14日に日本武道館にて、バンド史上最大規模となる全国ツアー『sumika「Chime」Release Tour』を開幕させた。

 先日リリースされた2ndアルバム『Chime』を携えて行なわれている今回のツアー。『Familia』以来、1年8カ月ぶりとなる待望のニューアルバムは、誰が聴いてもバンドの今の状態が突き抜けて絶好調であることが伝わってくる快盤だ。アプローチがそれぞれ違うバラエティに富んだ楽曲群の中で、どこを切り取っても「sumikaらしい」と思える理由を一言で表すのは難しいが、「親しみやすさ」や「安心感」という言葉が一番しっくりくる。だからsumikaの音楽は押し付けがましい要素なんてこれっぽっちもないのに、いつの間にか生活の中にすっと溶け込んで、気が付くと日常の一コマや大切なシーンで流れるテーマソングになっている。

 実際に今作から一気にタイアップ曲も増え、片岡健太(Vo/Gt)が『めざましテレビ』のマンスリーエンタメプレゼンターを担当するなどメディア露出も多くなってきた現在、sumikaはもはや音楽好きだけに認知されているだけでなく、もっともっと広いところまで浸透しつつある存在だ。しかし、どんなにバンドの規模が大きくなり続けてもsumikaの音楽に、そしてリスナーに対する姿勢が変わっていくことはない。これからもずっと対大勢ではなく、丁寧にひとりひとりに向けて音楽を届けてくれる。ツアー初日の武道館公演を観て、そんな嬉しい確信がふつふつと湧き上がってきた。

 豪華絢爛というよりは、まさに「おかえり」「ただいま」と言葉を交わしたくなる温かい雰囲気のステージセット。そこにメンバーが登場すると大歓声に包まれ、1曲目から割れんばかりのハンドクラップが響き渡った。武道館という大きなステージでも広がりすぎることなく、中央に集まって限りなく生音に近い楽器の音を鳴らす。そんなsumikaの佇まいは、メンバー同士の結束力の強さやバンドへの愛情が表れているようでもある。ライブ序盤からメンバーもオーディエンスも100%の笑顔を見せ、大勢の手が一斉に挙がる絶景は照明以上にキラキラと眩い光を放っていた。

 真っすぐで優しい、でも静かな炎が宿る眼差しで力強く歌い上げる片岡と、この場にいる全員と目線を合わすように会場中をまんべんなく見渡しながら客席を盛り上げていくメンバーたち。初日から全身全霊をぶつけてくるsumikaに負けじと、綺麗に揃ったシンガロングで楽曲に参加するオーディエンスもまた、この日のゲストミュージシャンだ。アルバムに収録されているナンバーも披露しつつ、時にはロマンチックなムードでじっくりと聞かせるミディアムバラードも織り交ぜながらライブが進行していく。メンバーそれぞれのキャラクターが立った独特なMCでは、始終笑いが絶えない和やかな空気の中、sumikaが自分たちの音楽と、彼らの音楽を愛する人と本気で向き合っていることが伝わってくる言葉も聞けた。

 sumikaの音楽が生活に寄り添ってくれるものであったり、どんなに広いライブ会場でも自分ひとりに歌われているような親密度の高さを感じたりするのは、偶然出てきた魅力ではない。sumikaがどこまでも真摯にそれらと向き合って、いろんな試行錯誤や努力を重ねたゆえに辿り着いた必然と言える。そんなある意味で人間くさい部分がsumikaの魅力の根底にあって、その上で「音楽で伝える」ことにこだわり続けた1つの結果が、今のバンドの状態と、この日武道館全体に漂っていた多幸感に繋がっているのだろう。

 ラストナンバーが演奏し終わると、「いってらっしゃい」の気持ちが滲む大きな拍手が起こる中、ツアー初日は終演した。この武道館公演を皮切りに、これから3カ月半かけて全国16都市をまわっていく。sumikaがあなたの心のチャイムを鳴らすために出発した旅は、まだ始まったばかりだ。

(取材・文=渡邉満理奈/写真=後藤壮太郎)

■リリース情報
『Chime』
発売日:3月13日(水)
【初回生産限定盤】CD+DVD ¥3,800+税
【初回仕様限定通常盤】CD only ¥3,000+税

<収録内容>
01. 10時の方角
02. ファンファーレ
03. フィクション
04. Monday
05. ホワイトマーチ
06. Strawberry Fields
07. 秘密
08. 春夏秋冬
09. Hummingbird’s Port(Instrumental)
10. Flower
11. ペルソナ・プロムナード
12. あの手、この手
13. ゴーストライター
14. Familia

<DVD収録内容>
『sumika Film #5』
〜sumika special session〜
1.ふっかつのじゅもん
2.MAGIC
3.いいのに
4.春夏秋冬
5.フィクション

■ライブ情報
sumika『Chime』 Release Tour
2019年3月14日(木) 東京都・日本武道館
2019年3月30日(土) 神奈川県・カルッツかわさき
2019年4月06日(土) 香川県・サンポートホール高松 大ホール
2019年4月07日(日) 愛媛県・松山市民会館
2019年4月13日(土) 岩手県・盛岡市民文化ホール
2019年4月14日(日) 宮城県・東京エレクトロンホール宮城
2019年4月20日(土) 広島県・上野学園ホール
2019年4月21日(日) 広島県・上野学園ホール
2019年4月27日(土) 石川県・本多の森ホール
2019年4月28日(日) 新潟県・新潟県民会館
2019年5月02日(木) 愛知県・名古屋国際会議場センチュリーホール
2019年5月03日(金) 愛知県・名古屋国際会議場センチュリーホール
2019年5月06日(月) 愛知県・名古屋国際会議場センチュリーホール ※追加公演
2019年5月11日(土) 北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru
2019年5月12日(日) 北海道・音更町文化センター
2019年5月19日(日) 千葉県・市川市文化会館
2019年5月22日(水) 静岡県・アクトシティ浜松 大ホール
2019年5月25日(土) 鹿児島県・鹿児島県文化センター(宝山ホール)
2019年5月26日(日) 福岡県・福岡サンパレスホテル&ホール
2019年5月30日(木) 東京都・NHKホール ※追加公演
2019年5月31日(金) 東京都・NHKホール ※追加公演
2019年6月09日(日) 神奈川県・横浜アリーナ
2019年6月26日(水) 大阪府・大阪城ホール ※追加公演
2019年6月30日(日) 大阪府・大阪城ホール

<チケット料金>
6,000円(指定席・税込)
※4才以上チケット必要。3才以下でもお席が必要な場合は有料。

sumika 特設ページ
sumika公式サイト

アプリで読む