Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

『パンク侍、斬られて候』 (C)エイベックス通信放送

綾野剛主演、石井岳龍監督作『パンク侍、斬られて候』が本日から公開

ぴあ

18/6/30(土) 0:00

『ソレダケ / that’s it』『蜜のあわれ』など近年もハイペースに新作を発表し続けている石井岳龍監督の最新作『パンク侍、斬られて候』が本日、公開初日を迎えた。作家・町田康の同名小説を基にした異色の時代劇で、宮藤官九郎が脚本を手がけ、綾野剛が主演を務める。

本作の舞台は江戸時代。浪人の掛十之進(かけじゅうのしん)は街道で突然、物乞いを斬りつけ、藩主に「この者たちは、いずれこの土地に恐るべき災いをもたらす」とハッタリをカマす。しかし、口から出たウソはいつしか真実になり、十之進は想像を絶する状況と戦いに巻き込まれていく。

綾野が十之進を演じるほか、浅野忠信、永瀬正敏、染谷将太、國村隼、豊川悦司ら、これまでの石井映画で活躍してきた俳優陣が集結するほか、北川景子が十之進と行動を共にするミステリアスな美女・ろん役で石井作品に初登場。原作者の町田も重要な役どころで出演している。

時代劇への敬意と愛情を注いだ前半部から少しずつ変容していく語り口、強烈な個性のキャラクターたち、観客を脱力させたかと思ったら不意打ちのように訪れるハードな展開……『パンク侍、斬られて候』はこれまでの石井岳龍作品同様、圧倒的な密度と熱量が込められた作品で、イギリスの伝説的バンド、セックス・ピストルズの『アナーキー・イン・ザ・U.K.』が主題歌に採用されている。

『パンク侍、斬られて候』
公開中

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play