Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

佐野玲於らがキラキラとした感情をまっすぐに差し出す 『虹色デイズ』に散りばめられた“17の特権”

リアルサウンド

18/7/14(土) 10:00

 男子同士の空気感、女子同士の空気感、男女友達の空気感、そして好きな相手と一対一で過ごす空気感……すべて同じ人物なのに、流れる空気がどこか違う。映画『虹色デイズ』は、そんなえも言われぬ雰囲気をスクリーンに映し出す。

 原作は、『別冊マーガレット』(集英社)に連載された水野美波の同名マンガ。少女マンガでありながら、主人公は男子高校生4人組。「これぞ男子」というおバカでお騒がせな高校生が、恋愛や友情と正面から向き合い“今”を駆け抜ける青春ストーリーだ。

【参考】“天馬くんロス”を一瞬で解消? 中川大志、高校生役での変貌

 物語の中心となる、愛されキャラのなっちゃん役に佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、一見チャラいが友達思いのまっつん役に中川大志、アニメヲタクの秀才つよぽん役に高杉真宙、実はドSな恵ちゃん役に横浜流星と、今をときめく若手俳優を起用した万全の布陣。彼らが扮する4人の主人公たちは、性格も趣味も違うけれど、いつも一緒にいる仲良しな高校2年生。スクリーンのどこを見てもイケメンという幸福感はいわずもがな、オープニングからフルスロットルで描かれる、青春を謳歌する男子たちのワチャワチャ感の愛しさは、誰もが共感できることだろう。女子からするとそんな関係はうらやましくあるもので、 “イケてる男子グループ”に仲間入りできるような感覚が味わえることが、本作の魅力のひとつであることをまずは伝えておきたい。

 とはいえ、『虹色デイズ』は顔の良さとノリだけで突き進む物語ではない。劇中には「17の特権」という印象的なフレーズが登場するが、本当に高校時代にしかできない経験はたくさんある。そして、高校生だからこそ悩み、迷うことがある。全編を通して4人がそれらを体現しているのだが、なかでも注目したいのが表情の幅。若手とはいえ、演技に定評がある役者陣が揃っているため、実写作品にありがちな“不安定さ”はなく、各々が表情で言葉以上の心模様を見せてくれるのだ。

 それが冒頭で述べた“空気感”を作り出している所以ともいえるのだが、思わず「ふふっ」と笑ってしまうようなコンビネーションばっちりのツッコミをはじめ、それまで4人が作り上げてきた関係性がそこかしこに垣間見えるため、上映時間2時間弱とは思えない濃厚さがある。4人にはそれぞれが積み上げてきた友情の歴史があり、1コマ1コマが“映画のために作られたシーン”ではなく、“同じ時を過ごしてきた日々の一部を抜粋”したかのように思えてくるのだ。「この夏、男子だって本気で恋をする」というキャッチコピーから「恋愛モノ」というイメージがあってしかるべきだが、むしろ当たり前に時間を共有する仲間と過ごす、何気ない「いつもの毎日」が最大の見どころと言えるかもしれない。

 加えて、彼らを囲む女子たちが作り出す独特の雰囲気もまた秀逸。異性に対するものとは違う独占欲や仲間意識など、言葉で表現するのは難しい“女子っぽい”関係を吉川愛、恒松祐里、堀田真由らがナチュラルに魅せる。そんな彼女たちと主人公が織り成す恋模様は、恋に正面から突っ走る少し幼い男子と、大人にはなりきれない女子という高校生らしい距離感がたまらない。そして、それを演じる女優たちの圧倒的な表現力には、鳥肌がたつほどシビれてしまう。

 原作と比較すると、なっちゃんと小早川さん(吉川)の出会い方が違ったり、4人の担任が滝藤賢一演じる映画オリジナルキャラクターだったりと、全体的にチャレンジングな演出・脚本といえそう。だが、映画が終わっても、彼らの日常はたしかに続いていく……心からそう思える不思議な感覚は、ほかでは味わえない「映画『虹色デイズ』の特権」といえるだろう。やっぱり青春って、すばらしい。全力で生きる高校生たちが、まっすぐに差し出すキラキラとした感情を、どうか余すところなく受け取ってほしい。

(nakamura omame)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play