Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

鈴木伸之「片寄くんに抱かれるなら嬉しい」 『PRINCE OF LEGEND』出演者が“推し王子”明かす

リアルサウンド

19/2/14(木) 17:50

 劇場版『PRINCE OF LEGEND』の完成報告記者会見が、2月14日に神奈川・横浜アリーナにて開催され、GENERATIONS from EXILE TRIBEより片寄涼太・佐野玲於・関口メンディー、劇団EXILEより鈴木伸之・町田啓太、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEより川村壱馬・吉野北人・藤原樹・長谷川慎、そして飯島寛騎、塩野瑛久、清原翔、遠藤史也、こだまたいち、加藤諒、大和孔太らキャスト陣が登壇した。

参考:『プリレジェ』キャラ設定は“ファンの理想像”?  『HiGH&LOW』とは異なる鈴木伸之らの演技

 『HiGH&LOW』シリーズの製作陣が再び集結した『PRINCE OF LEGEND』は、圧倒的なルックスを誇る王子たちが勢揃いし、「伝説の王子」になるべくかつてないバトルを繰り広げる新プロジェクト「プリンスバトルプロジェクト」の一環として制作。TVドラマ・映画・ゲーム・ライブなど、あらゆるメディアと連動して作品を届けていく。プロジェクトの柱であるTVドラマとして、2018年10月より連続ドラマ『PRINCE OF LEGEND』(日本テレビ系)が放送。映画では、そのクライマックスが描かれる。

 キャスト陣がそれぞれ挨拶した後は、質疑応答のコーナーへ。司会者より「自分の推し王子」を問われると、片寄涼太は、「一番素敵だなと思う王子は、チーム3Bの清原くん(美容師王子・嵯峨沢ハル)ですね。自分がヒゲを生やしてもあんな風にならないと思うし、いつかあの色気に辿り着けたら」と回答。清原翔はそれに対し、「嬉しいです。でも、ヒゲがなくても(片寄涼太も)十分に色気が出ていると思います」と言って会場を和ませた。

 続く飯島寛騎は、「自分の推し王子」としてチーム3Bのバンドマン王子・TAICHI役のこだまたいちの名を挙げ、「女性への気持ちを曲でさっと届けられるのは、男として憧れる」とその役どころを称賛した。さらに、清原翔と鈴木伸之は、共にチーム奏のセレブ王子・朱雀奏役を務める片寄涼太の名を挙げ、「王道の王子感を出せるのは、片寄くんしかいない。片寄くんに抱かれるなら全然嬉しいです」(鈴木伸之)と褒めちぎり、笑いを誘った。

 片寄涼太に票が集まるかと思われたが、意外にも最も多くの支持を集めたのは、チーム生徒会で金髪SP王子・ガブリエル笹塚役を務める関口メンディーだ。EXILE TRIBEの後輩でもある藤原樹は「生徒会を支えているのがすごく伝わるし、普段から後輩にすごく優しい。尊敬できる先輩」と伝え、長谷川慎は「普段から包んでくれそうなオーラがあって、劇中でもそれがよく出ている。会長を全力でサポートする感じがめちゃくちゃかっこいい」と讃えた。ほか、学園の理事長・実相寺光彦役を務める加藤諒、理事長秘書の服部悠太役を務める大和孔太も、関口メンディーの包容力のある強さを絶賛。関口メンディーは「こんな結果になるとは思わなかったので嬉しい」と笑顔を見せた。

 バレンタインデーにちなんで、これまでに最も多くのチョコレートをもらった「バレンタイン王子」は誰かと問われると、キャスト陣はそれぞれ過去最高の個数を告白。片寄涼太が「10個ももらっていないと思う」と言うと、全員から「それは多いよ」と突っ込まる一幕も。そんな中、最も多い数のチョコレートをもらったとされたのは、チーム生徒会で生徒会長王子・綾小路葵役を務める佐野玲於。「小学校の時に、女子の間でチョコを作って配り合うのが流行っていたので、クラスのみんなが15個くらいもらっていた」とその理由を説明するが、共演者らに「バレンタイン王子」だと騒がれると、「違います、語弊があります! やっぱり10個くらいにしておいてください(笑)」と言って苦笑いを浮かべた。

 劇場版『PRINCE OF LEGEND』は、本日行われる『完成披露上映会 & PREMIUM LIVE SHOW』にて初公開され、その後3月21日より東宝系にて全国ロードショーとなる。

(松田広宣)

アプリで読む