Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

佐内正史&御徒町凧 「ゾンビ対策」主題の写真詩集『Summer of the DEAD』

CINRA.NET

18/11/19(月) 20:20

佐内正史と御徒町凧による写真詩集『Summer of the DEAD』が刊行された。

写真家の佐内正史と詩人・御徒町凧がタッグを組んだ同書。「来たるゾンビ化社会に向けての対策本」と佐内が語る同書は、2人が見えないゾンビに立ち向かいながら、2016年夏に東京・綾瀬、2017年夏に沖縄、2018年夏に香港、マカオを訪問して制作された。「写真家の写真と詩人の詩」という分業ではなく、10年以上前から親交のある2人が言葉を交わしながら「バンドみたいに作った」ものだという。両表紙仕様となる。

テーマに据えられた「ソンビ対策」について佐内正史は、「たとえば飛行機に乗っても、何の感動もなくずっと仕事だけしているような人が多くて、そういうのを見ると人間のゾンビ化が進んでいるなと思う。この本は来たるゾンビ化社会に向けての対策本です」とコメント。

販売は佐内正史の自主レーベル「対照」の販売サイトおよび御徒町凧のオフィシャルサイトで実施。2人がPVを共作したこともある森山直太朗のツアー会場や、一部書店でも販売される。

アプリで読む