Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『ブルーアワーにぶっ飛ばす』 (C)2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会

夏帆が荒みきった30歳を演じる 箱田優子監督作『ブルーアワーにぶっ飛ばす』特報公開

ぴあ

19/5/9(木) 12:00

夏帆とシム・ウンギョン、日韓の実力派女優が共演するオリジナル劇場作品『ブルーアワーにぶっ飛ばす』が、この度、10月11日(金)に公開されることが決定。あわせて、30秒特報が公開された。

本作は、“TSUTAYA CREATORS' PROGRAM”にて、2016年審査員特別賞を受賞した箱田優子の初監督作品。

主役の砂田を演じるのは、『天然コケッコー』『海街diary』『友罪』など、清純派ヒロインからシリアスな役まで幅広く演じてきた夏帆。砂田の親友・清浦の役には、『サニー 永遠の仲間たち』『怪しい彼女』など韓国映画で活躍し、日本でも初主演作『新聞記者』や舞台出演などが控えるシム・ウンギョンが扮する。さらに渡辺大知、ユースケ・サンタマリア、黒田大輔、嶋田久作、でんでん、南果歩、伊藤沙莉といった俳優陣が脇を固めている。

公開された特報は、30歳でCMディレクターの砂田が、路上で泥酔したり暴言を吐くなど、仕事に明け暮れて荒(すさ)みきったシーンから始まる。「走り過ぎでしょう、止まったら死にそう」と仕事仲間に言われれば、「だったら半分死んでるわ」などと毒づく。そんなある日、砂田が大っ嫌いな地元茨城(いばらき)に帰ることになり、自由奔放な“秘密の友達” 清浦が一緒について来る様子が映し出されている。果たして砂田は、地元で荒みきった自分を変えることができるのだろうか。

『ブルーアワーにぶっ飛ばす』
10月11日(金)公開

アプリで読む