Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

Official髭男dismが“歌声”で残したインパクト 『Stand By You EP』スペシャルフリーライブ

リアルサウンド

18/10/15(月) 18:00

 Official髭男dism(ヒゲダン)が10月14日、ラゾーナ川崎プラザ ルーファ広場 グランドステージにてアコースティック編成のスペシャルフリーライブを開催した。10月17日にリリースされる『Stand By You EP』の発売に先立ち行われた今回のライブ。開演前には一度ステージに姿を現したメンバーたちが、サウンドチェックをかねて「日曜日のラブレター」(2016年『MAN IN THE MIRROR』収録)を披露するといった粋な計らいも。日曜日の昼下がり、彼らのファンはもちろん、会場のあるショッピングモールに訪れた買い物中の友達連れやカップル、ファミリーなどが多く足を止め、ヒゲダンの音楽に酔いしれた。

(関連:Official髭男dismが届ける“最大公約数的なポップス” 満員の中野サンプラザ公演を見て

 ラブバラード「115万キロのフィルム」(2018年『エスカパレード」収録)からライブを始めると、藤原聡(Vo/Pf)は「今日はEPの“お祭り”っぽい感じだけど、初めての人も多いと思うのでライブでやってる曲もやります」と告げて「異端なスター」(2017年『レポート』収録)を演奏。それぞれ彼らの楽曲の中でも人気の高い曲をアコースティック編成ならではのアレンジで披露した。目の前にいる人たちに届けることはもちろん、まるで一番遠くにいる人をめがけているような清々しいほど伸びのいい歌声、高音で次々と繰り出されるフェイク、手を振り続ながら超ロングトーンを披露するなど藤原のサービス精神旺盛なパフォーマンスで惹きつける。初見の人に対しても大きなインパクトを残したことだろう。

 1階から4階まで360度を覆う大勢の観客を見て藤原は「高さ的にバンド史上最高」と驚きを隠せない様子を見せつつ、「バッドフォーミー」からは『Stand By You EP』収録曲を立て続けに披露していった。4月期フジテレビ系月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』の主題歌を務めた「ノーダウト」の印象的なイントロフレーズが鳴ると、会場中で大きな歓声が起こり、この日一番の盛り上がりを見せた。最後はEPの表題曲「Stand By You」。「自分の大切な人のことを思いながら聞いてください」との紹介から始まったこの曲を、演奏は藤原のピアノのみ、またボーカルにあわせて楢崎誠(Ba)、松浦匡希(Dr)、小笹大輔(Gt)がコーラスとして参加するという特別編成で歌い、ライブは終了。Official髭男dismの音楽の根底にあるメロディやハーモニーの美しさが際立つパフォーマンスとなった。(久蔵千恵)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play