Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

有楽町スバル座外観

有楽町スバル座が2019年10月をもって閉館、53年の歴史に幕

ナタリー

19/3/15(金) 14:59

東京・有楽町スバル座が2019年10月中旬頃に閉館することが明らかに。公式サイトにて発表された。

有楽町スバル座は、日本初の洋画ロードショー劇場であった丸の内スバル座を継承し、有楽町ビルの竣工とともに1966年4月に開館。53年に及ぶ歴史の中で「イージー・ライダー」「ブリキの太鼓」といった洋画の興行を行い、“スヌーピー作品”の上映館としても知られた。近年では大林宣彦の監督作「この空の花 長岡花火物語」「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」が同館をチェーンマスターとして公開され、東京フィルメックスの会場にも用いられていた。

同館を運営するスバル興業は、閉館の理由を「今後の映画興行事業の展望や施設の老朽化等」と説明。また「長きにわたり、多くの映画ファン及び関係各位の皆様にご支援・ご愛顧いただきましたことを心より御礼申しあげます」とコメントした。閉館日は決まり次第、公式サイトにて発表される。

なお有楽町スバル座では現在、夏帆と太賀が共演した「きばいやんせ!私」を上映中。

※記事初出時、会社名の表記に誤りがありました。お詫びして訂正します。

アプリで読む