Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

「ブレス しあわせの呼吸」

アンドリュー・ガーフィールドが妻役クレア・フォイを絶賛、「ブレス」特別映像

ナタリー

18/8/22(水) 19:01

「ブレス しあわせの呼吸」より、アンドリュー・ガーフィールドとクレア・フォイのインタビューを収めた特別映像がYouTubeで公開された。

「ブリジット・ジョーンズの日記」のプロデューサー、ジョナサン・カヴェンディッシュの両親の実話をもとにした本作は、28歳でポリオウイルスに感染し首から下が全身まひ状態となったロビン・カヴェンディッシュと妻・ダイアナの半生を描くヒューマンドラマ。ガーフィールドがロビン、フォイがダイアナを演じ、アンディ・サーキスが監督を務めた。

特別映像にて「才能はもちろん、能力や技術、クレアの性格や魅力のすべてに、彼女が演じるダイアナにとても引き込まれた」とフォイを褒めたたえるガーフィールド。対するフォイも「正直さと、誠実さと、実直さを持ってる。100%信用できる人で、才能にあふれていて、優しくて繊細なの」とガーフィールドを絶賛する。このほか映像には、ガーフィールドがフォイをリラックスさせようと肩を引き寄せる様子や、言葉を交わしながらダンスの練習をする姿など、2人の関係性がうかがえる撮影現場の風景が収められた。

「ブレス しあわせの呼吸」は9月7日より東京・角川シネマ有楽町ほか全国でロードショー。

(c)2017 Breathe Films Limited, British Broadcasting Corporation and the British Film Institute. All Rights Reserved

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play