Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「アラジン」

「アラジン」ジーニー役ウィル・スミスの「フレンド・ライク・ミー」ノリノリ歌唱映像

ナタリー

19/5/28(火) 17:00

ディズニーの実写映画「アラジン」より、ウィル・スミス演じるランプの魔人ジーニーの歌唱曲「フレンド・ライク・ミー」を収めた映像がYouTubeで公開された。

ディズニー・アニメーションを実写化した本作は、砂漠の王国アグラバーを舞台に、主人公アラジンと王女ジャスミンのロマンスや魔法のランプを巡る冒険を描いたファンタジー。公開された映像には、ジーニーがアラジンに「願い事は3つまで。ランプをこすって言う。わかった?」と、魔法のランプについて説明する出会いのシーンが切り取られた。

同楽曲に関して、スミスはアニメーション版でジーニー役を務めたロビン・ウィリアムズに敬意を示ししつつ「今作に入っていくとき、僕の心には恐れがあったんだ。彼が素晴らしい演技をしたからね。でもそんな恐れを克服できて『自分にはジーニーを演じられる!』と感じさせてくれたのが、この『フレンド・ライク・ミー』だったんだ!」と打ち明ける。また「この音楽の奥底にクラシックなヒップホップのビートを感じたとき、『これぞ自分の曲だ!』と感じられたんだ。そんなふうにヒップホップと遊んでいるうちに、ジーニーが生まれていったんだよ」とも語った。

この楽曲を生み出したのは、アニメーション版に続いて今回の楽曲制作を担当している作曲家アラン・メンケン。メンケンはスミスが歌う「フレンド・ライク・ミー」を初めて聴いたときのことを振り返り、「ホッとしましたよ。とても素晴らしかったからです。私から何か指示を出す必要はありませんでした。彼のパフォーマンスはロビン・ウィリアムズとはまた別のもので、独創的。そしてあのエネルギーね! 彼が自分の歌を歌い、大いに気に入ってくれているのですから。もう最高ですよ!」と絶賛した。

ガイ・リッチーが監督を務めた「アラジン」は6月7日に全国公開。

(c)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

アプリで読む