Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「名探偵ピカチュウ」初日舞台挨拶の様子。左から西島秀俊、竹内涼真、飯豊まりえ。

竹内涼真「名探偵ピカチュウ」収録にプロテイン持参、西島秀俊はポケモンに見とれる

ナタリー

19/5/3(金) 14:11

「名探偵ピカチュウ」の初日舞台挨拶が本日5月3日に東京・TOHOシネマズ 日比谷で開催され、吹替版キャストの西島秀俊、竹内涼真、飯豊まりえが登壇した。

ロブ・レターマンが監督を務める本作は、人間とポケモンが共存する街ライムシティを舞台に、主人公ティムが名探偵ピカチュウとタッグを組み、事件に巻き込まれた父親を探す物語。ライアン・レイノルズが演じたピカチュウに西島が声を当て、ティムを竹内、ルーシーを飯豊が演じた。MCに「ピカ島秀俊さんです!」と紹介された西島は、照れたような笑みを浮かべながら壇上へ上がる。オファーが来たときの心境を問われると西島は「本当にプレッシャーを感じて、一生懸命やらせていただきました。今も緊張しています」と語った。

印象深いシーンを問われると、竹内は「全部大変でしたよね……」と述べ、西島と目を見合わせる。竹内は「アドリブ合戦みたいなシーンもありましたし、ピカチュウとの出会いのシーンは何十回録ったかわからないぐらい。だんだん正解が何かわからなくなってきましたが、本当に気持ちを込めてやったのですごく思い入れがあります」と感慨をにじませる。飯豊は、竹内がプロテインを飲みながらアフレコに臨んでいたことを暴露。竹内が「しょうがないじゃない、アフレコ中も筋分解は起こってるんだからプロテインいっとかないと!」と反論すると、隣の西島は筋肉を確かめるように竹内の腕をさする。飯豊は「『そんな人いない! どんだけストイックなんだ!』という話で盛り上がりました」と笑った。

西島は劇中のポケモンについて「姿ももちろん、動きがすごくかわいいので、見とれてしまって。声を出すタイミングを逃して『今ですよ!』と声をかけられることもありました(笑)」と明かし、竹内と飯豊も「かわいいですよね!」と同意する。西島は「人間と暮らしているという設定もチャーミング。声を当てるということで現場に参加させていただきましたが、興奮して見入ってしまうシーンが多かったです」と語った。

ここでキャストたちはそれぞれポケモンにまつわる思い出を紹介していく。竹内は「小学生のときにゲームボーイで遊んでいました。学校が終わったら友達と対戦しに行ったり、攻略本を読んだり。初めて観たポケモンの映画は『(ポケットモンスター)ミュウツーの逆襲』でした」と振り返る。竹内の話に「懐かしい!」と相槌を打っていた飯豊は「ポケモンパンのシールを集めていました。あと、夜な夜な布団をかぶってゲームをちまちま進めていたり、ポケモンの名前を覚えていたりしたそうです」と明かす。西島は「ポケモンGO」について言及。「2年半前ぐらいですかね? 街中に人がたくさんいて、僕もとことこ歩いたんですけど(笑)。今は事務所の近くでやってる人が多いなと思って見ています」と語った。

本作にカメオ出演した竹内は、イギリス・ロンドンで行われた撮影を振り返り「すごく高級なモンスターボールを渡されて『これ1個しかないから絶対に壊さないでね、でも全力で投げて』と言われてとても緊張しました」と述べ、観客を笑わせる。英語でのディレクションについてMCが「大丈夫でしたか?」と質問すると、竹内は「何か言われたら『Yeah』って言うようにしていました。『Yes』だと英語初心者だと思われそうなので。でもあんまりわかってなかったです」と述懐し、笑いを重ねた。マスコミ向けのフォトセッションでは、キャスト陣がピカチュウの耳が付いた探偵帽を被って参加。ピカチュウを抱いた西島は、時折ピカチュウを振って観客にアピールしていた。

「名探偵ピカチュウ」は本日より日本先行ロードショー。

(c)2019 Legendary and Warner Bros. Entertainment, Inc. All Rights Reserved. (c)2019 Pokemon

アプリで読む