Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

『アジア三面鏡』シリーズ第2弾、長谷川博己ら主要キャスト発表 第1弾含め劇場公開も決定

リアルサウンド

18/7/31(火) 19:00

 日本を含むアジアの気鋭監督3名が、ひとつのテーマのもとにオムニバス映画を共同製作するプロジェクト『アジア三面鏡』シリーズ第2弾『アジア三面鏡2018:Journey』の主要キャストが発表された。

参考:写真はこちら
 『アジア三面鏡2018:Journey』は、松永大司監督(日本)、エドウィン監督(インドネシア)、デグナー監督(中国)の3名が、“旅”をテーマに、他国のスタッフ・キャストとともに制作したオムニバス作品。

 松永監督の『碧朱』は、長谷川博己が主演に抜擢。ミャンマー・ヤンゴン市内の鉄道整備事業に携わる日本人・商社マンを主人公に、民主化して間もない街の進化と喪失、現地の人々との交流、彼が抱いた心の機微を色彩豊かな映像で描き出していく。松永監督が現地で発掘した現役大学生の新人ナンダーミャットアンがヒロイン役を務める。

 デグナー監督の『海』は、中国・北京から海を目指し、全く性格の違う母娘が旅するロードムービー。喧嘩しながら旅を続ける母娘を通して、普遍的な親子の問題、現代中国特有の人間模様が浮き彫りになっていく、デグナー監督自身の経験や境遇が大きく反映された作品だ。ベテラン女優チェン・ジンと、実力派若手女優ゴン・チェが出演する。

 エドウィン監督の『第三の変数』で主演を務めるのは、3作品共通キャストでもあるインドネシアの国民的俳優ニコラス・サプットゥラ、インドネシアの人気女優アグニ・プラティスタ、日本・インドネシア合作映画『Killers』で北村一輝との共演経験もある実力派俳優オカ・アンタラ。インドネシア人夫婦が旅先の東京で出会う不思議な男性と、民泊を営む傍、コンサルタントを自称するその男から奇妙で官能的なアドバイスを受ける夫婦の姿を描く。

 また、2016年にワールドプレミア上映された第1弾、今年の東京国際映画祭でワールドプレミア上映される第2弾ともに、劇場での公開も決定した。(リアルサウンド編集部)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play