Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

深田恭子、永山絢斗、横浜流星、中村倫也が共演『初めて恋をした日に読む話』

CINRA.NET

18/10/23(火) 11:47

連続ドラマ『初めて恋をした日に読む話』が、2019年1月からTBS系で放送される。

TBSの火曜ドラマ枠で放送される同作は、『Cookie』で連載中の持田あきによる同名漫画が原作。東大受験や就職活動、恋愛にも失敗し、現在は塾講師として働く32歳の主人公・順子の前に、タイプの異なる3人の男性が現れたことから、彼女の人生のリベンジとも言える闘いが始まる、というあらすじだ。

人生の何もかもが上手くいかない日々を送る鈍感な主人公・順子役を演じるのは深田恭子。クールなルックスのエリートで、順子の従兄弟である八雲雅志役に永山絢斗、髪をピンクに染めた不良高校生・由利匡平役に横浜流星、順子、雅志の同級生で、匡平の担任教師・山下一真役に中村倫也がキャスティングされている。脚本は深田の主演ドラマ『ダメな私に恋してください』や、『あなたのことはそれほど』などを手掛けた吉澤智子が担当。

主演の深田恭子は「あの時こうしていたら、もっと頑張っていたら。このドラマでは、そんな後悔をしている主人公・順子が自分の人生を取り戻す為に奮闘し、尚且つ、イケメン3人に囲まれて恋をするという何とも贅沢なラッキーラブコメディです。永山絢斗さん、横浜流星さん、中村倫也さんとそれぞれタイプの違う素敵な男性たちとの恋を楽しんで頂いて、『初めて恋をした日』を皆さんにも体感して頂けたらと思います」とコメント。

永山絢斗は「『平成』最後の連続ドラマであり、僕自身、20代最後の作品にもなりました。観ていただく方に楽しんでもらえるよう、尽力したいと思います」、横浜流星は「TBS人気枠の連続ドラマに出演させていただくことが初めてなので大変うれしく思います。さらに、魅力的でカッコ良い由利匡平を演じられること、また深田さんをはじめとした素敵な共演者の方々とスタッフの皆さんと一緒に作品に携わることが幸せです」、中村倫也は「脚本を読むと、スカッシュのような楽しい掛け合いになりそうな予感。力み過ぎず、でもしっかり奥まで届くように。繊細に作り上げていきたいと思います」とそれぞれ意気込みを語っている。全文はオフィシャルサイトで確認しよう。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play