Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『第91回アカデミー賞』最多ノミネートは『ROMA』『女王陛下のお気に入り』

CINRA.NET

19/1/22(火) 23:41

『第91回アカデミー賞』のノミネート作品が発表された。

最多ノミネートを果たしたのは、アルフォンソ・キュアロン監督の『ROMA / ローマ』とヨルゴス・ランティモス監督の『女王陛下のお気に入り』。共に10ノミネートを果たした。

Netflixオリジナル作品である『ROMA / ローマ』は、作品賞、監督賞、主演女優賞、助演女優賞など10部門の候補に挙がった。一方の『女王陛下のお気に入り』は作品賞、監督賞、主演女優賞、助演女優賞、衣装デザイン賞など9部門10ノミネート。

『アリー/ スター誕生』と『バイス』は8部門にノミネート。『アリー/ スター誕生』ではレディー・ガガが主演女優賞の候補に選出されている。監督を務めたブラッドリー・クーパーは監督賞でのノミネートはならなかったが、主演男優賞にノミネートした。その他、『ブラックパンサー』『ボヘミアン・ラプソディ』『グリーンブック』『ブラック・クランズマン』などが複数部門の候補に名を連ねている。

日本でも大ヒットを記録している『ボヘミアン・ラプソディ』は作品賞、主演男優賞など5部門。また日本から外国語映画賞に是枝裕和監督作『万引き家族』、長編アニメーション賞に細田守監督『未来のミライ』がノミネートした。

主題歌賞には『アリー/ スター誕生』の“Shallow”などと並んで『ブラックパンサー』よりケンドリック・ラマーとSZAのコラボ曲“All The Stars”が候補にあがった。

『第91回アカデミー賞』の授賞式は現地時間の2月24日にアメリカ・カリフォルニア州のドルビーシアターで行なわれる。

アプリで読む