Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

「ヌヌ子の聖★戦~HARAJUKU STORY~」完成披露上映会の様子。

「ヌヌ子の聖★戦」吉田凜音と久間田琳加、仲が良すぎてケンカシーンに苦戦

ナタリー

18/10/13(土) 20:25

「ヌヌ子の聖★戦~HARAJUKU STORY~」の完成披露上映会が本日10月13日に東京のラフォーレミュージアム原宿にて行われ、キャストの吉田凜音、久間田琳加、中山咲月、企画・プロデュースを担当した深川栄洋、監督を務めた進藤丈広が登壇した。

ファッションカルチャーが生まれる東京・原宿を舞台に、原宿を愛する2人の女の子を主人公とした本作。互いを理解しているつもりだったおしゃれ好き女子大生・田原葵と読者モデル・三好里奈の間にすれ違いが生じていくさまを描く。葵を吉田が、里奈を久間田が演じ、人気バンド・ORIONのフロントマン・久保に中山が扮した。

オーディションで本作への出演を勝ち取った吉田は「琳加が主演だって聞いてもうこれは受けたいと思って。私しかいないんじゃないか、っつって」と思い返す。オーディションに立ち会っていた久間田は「やっぱ安心感があるんですよね。どっか落ち着く、みたいなのがあって。決まったって聞いたときに、撮影2週間乗り越えられそー!って思ったんですよね」と語った。久間田とはプライベートでも親交が深いだけに「ケンカのシーンがとにかく苦戦した」と語る吉田。「中学2年生のときから知り合いで、ちょっと気まずくなったりとか喧嘩したりっていう雰囲気が一切なくて。その喧嘩のシーンが初めてすぎて、想像がつかないし、すごい苦戦しましたね」と明かした。

中山は「脱ぐシーンがあったので、ジムに行ってちょっとだけ鍛えました」と役作りを語り、吉田と久間田は「体がきれいすぎて」「映像越しでも伝わったから、生はもっとヤバい!」と賛辞を贈る。本作で映画初出演を飾った中山は「初めてで脱ぐのか!ってびっくりして。オーディションも、男性の中私1人だけ女性で。オーディションのときも同じ脚本だったんですけど、さすがに変えるのかなと思ったんですが……」と苦笑した。深川は、元々葵役でオーディションを受けていたという中山とのエピソードを紹介。「『あれ? この人久保くんじゃないかな?』って思って。『久保くんの役覚えてます? セリフ入ってます?』って聞いたら、スッてやり始めて……決まったっていう」と語った。

撮影時のこだわりを問われた進藤は「撮り方もいろいろ工夫しようと考えていたのですが、とにかくキャラクターを魅力的に描ければ、いい作品になると思ったので。映画を観た人がヌヌ子の2人をもう1回観たいと思うような、もう1度映画館に来てもらえるような作品にしたいなって。それを1番にイメージしました」と述べた。

イベントでは吉田と中山が歌声を披露する一幕も。最後に久間田は「私たちと同世代のティーンのかたにはもちろん観ていただきたいんですけど、歳上の方にも観ていただいて、僕も私もこんな青春時代があったなーと思い出して観ていただけたらうれしいです」とアピール。吉田は「10代、20代、30代、40代、50代、60代、70代、80代に、共感することしかないんじゃないかっていうくらい。50代、60代の方には昔を振り返って重ね合わせて観ていただきたいですし、10代、20代の方は今、常に隣にいる方と劇場に足を運んで観に行ってくれたらうれしいなって思います」と呼びかけた。

「ヌヌ子の聖★戦~HARAJUKU STORY~」は11月9日に東京・渋谷で先行公開され、11月16日から全国でロードショーとなる。

(c)2018 SAIGATE Inc.

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play