Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

濱正悟カレンダー発売、レオタードで学んだコメディ演技は「クールな人間の強み」

ナタリー

18/11/23(金) 12:50

特撮ドラマ「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」に宵町透真 / ルパンブルー役で出演している濱正悟の2019年度カレンダー発売記念イベントが、本日11月23日に東京・ベルサール神保町にて開催された。

初めての写真集発売、および初めてファンと触れ合う形式の単独イベント開催に、濱は「まさか自分がカレンダーを出せると思っていなかったので、単純にうれしいという気持ちが一番大きいです。あと(ファンと)近距離のイベントが初めてなので、とても緊張しています」とコメントする。

カメラマン・小林ばくが撮影した本カレンダーについて「戦隊の撮影でもお世話になっているばくさんが撮ってくれたので、距離感が近い撮影でいろんな顔を出せたかなと思う。個人的には服が好きなので、いろんな服を着られたのがうれしかったです。(撮影で)大好きなカレーを作ったので、オールインワンな内容になったかな」とアピール。一番好きなカットはカレーを調理中の写真だそうで「ここが一番ノリノリでした。スパイスを混ぜている真剣な眼差しで、今まで出したことのない表情のカットになっております」と解説する。

ルパンレンジャーキャストの伊藤あさひ、工藤遥にこのカレンダーをプレゼントしたという濱。伊藤は9月と10月のページ、工藤は最後のページがお気に入りだと言っていたそうだが、濱は報道陣に最後のページを見せないようにして「今はあまり見せたくなくて……。皆さんに開けてびっくりしてほしい」とはにかむ。工藤に「えっちぃ」と称された“腹チラ”カットのページに関しては「普段はこういうことしないし……まあ普通の人間はこういうことしないと思うんですけど、けっこうノリノリでやりました。こうして見るとちょっと照れくさいな。2人いるし……」と自分の写真が2枚並んでいることを恥じらう。また撮影スケジュールの都合でまだ会えていないという共演者の結木滉星、横山涼、奥山かずさ、元木聖也に関しても「現状渡せていないんですが、渡したいと思います」と宣言した。

2月に放送スタートした「ルパパト」は、撮影も佳境を迎えている。「終盤に入っているんですが、まだ最後の台本をいただいていないので、どうなるかわからない状況。今見えているところを一生懸命がんばっています」と真摯な姿勢を見せる濱。2019年の目標を「お芝居が一番好き。1年間を通してクールなキャラを演じたり、レオタードを着たり、いろいろなお芝居をさせていただいたので、それを生かして新しい役を一生懸命演じられたら。具体的にはテンションの高い役とか」と述べる。「ルパパト」でのレオタード姿が話題を呼んだ濱だが、カレンダーでもクールな表情からユーモラスな姿まで披露していることから「自分の強みは、表紙のようなクールな感じだと思っていたんです。でも1年間戦隊のお芝居を通して、クールな人間が意外なことをする強みを感じたので、(ユーモアあふれる)最後のページも捨てがたい」と語っていた。

アプリで読む