Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

HIROOMI TOSAKA、みやかわくん、蒼井翔太……個性溢れる男性ソロアーティストの新作

リアルサウンド

19/4/9(火) 7:00

 HIROOMI TOSAKA(登坂広臣)の初のCDシングル作品、YouTube/SNSを中心に圧倒的な支持を得ているみやかわくんなど、現在のシーンを代表する男性ソロシンガーの新作を紹介。活動スタイル、ターゲットにしている層、音楽性を含め、それぞれの個性をしっかりと活かした作品が揃っている。

(関連:登坂広臣が語る、ソロ活動で目指すビジョン「USのトレンドをオンタイムで表現したい」

 HIROOMI TOSAKA(登坂広臣/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)の初のCDシングル。表題曲「SUPERMOON」の、トラップ、エレクトロ、オルタナR&Bが有機的に結びついたトラックは、ジャンルという概念が消失しつつある海外シーンとも重なり、J-POPの新たな地平が実感できる仕上がりに。ラップとメロディを自然に共存させたボーカル、英語と日本語をなめらかにつなげるフロウからも、シンガーとしての新たな進化が感じられる。劇場版『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』の主題歌として話題を集めている「BLUE SAPPHIRE」は、ラテンフレイバーを濃密に感じさせるサウンド、憂いを帯びたメロディとスパニッシュ系のギターが絡み合うナンバー。緻密なミステリーとエモーショナルな群像劇が一つになった『名探偵コナン』のムードを大人の色気に溢れたボーカルによって見事に描き出している。

 YouTubeの“実写版歌ってみた”動画をきっかけに人気を博し、Twitterのフォロワーは91万人を突破(SNSの総フォロワーは240万人オーバー/2019年4月8日現在)、さらに7月19日には日本武道館の単独公演が決定するなど、動画サイト/SNS発のアーティストとしてトップを疾走するみやかわくんから1stフルアルバム『REBECCA』が到着。初のオリジナルシングル表題曲「イダテンドリーマー」、ぼくのりりっくのぼうよみ(辞職済)と共作した「略奪」のほか、起伏に富んだメロディを軸にしたダンサブルなロックチューン「LiBERO」、ネオソウル、ファンクリバイバルの流れを汲む「エソラゴト」、離れ離れになった恋人に対する切ない思いを綴ったミディアムチューン「セツナノウタ」など10曲を収録。プレイリスト的にセレクトされたカラフルな楽曲を通し、グルーヴ力と歌心をあわせ持った、シンガー・みやかわくんの魅力をバランスよく感じられる1枚に仕上がっている。

 タレントとしてはもちろん、ジェンダーの問題を中心にしたコメントや活動でも大きな注目を集めているりゅうちぇるが、アーテイスト・RYUCHELLとして1stアルバム『SUPER CANDY BOY』をリリース。ケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ)とのコラボによる「Hands up!! If you’re Awesome」、LINDBERGの名曲「今すぐ Kiss Me」にエレクトロアレンジを施したカバー、“多様性”をテーマに掲げ、アーティストとしての姿勢を明確に示した「Diversity Guys!」などの既存曲に加え、1980’sユーロビートを想起させるダンスチューン「Beautiful Dreamer」、愛する人に向けて純粋でまっすぐな思いを綴ったレゲエナンバー「You are my Love」などの新曲も収録。 “誰もが持っている個性を、隠したり偽ったりせず大切にしてほしい”というメッセージが全編を貫く、色彩豊かで前向き、きわめて現代的な意匠に溢れたポップスアルバムだ。

 『うたの☆プリンスさまっ♪』シリーズの美風 藍役で注目を集めたことをきっかけに多くのアニメ/ゲーム作品に出演する一方、アーティストとしては2016年に日本武道館公演、翌年には代々木第一体育館公演を成功させるなど、声優、歌手、舞台など幅広いフィールドで活躍している蒼井翔太の通作10作目となるシングルの表題曲「Tone」は、彼自身も神崎 澪役で出演するTVアニメ『この音とまれ!』(TOKYO MXほか)のオープニングテーマ。〈君の音色(Tone) 僕の音色(Tone)〉というフレーズで始まるこの曲は、爽やかさと切なさが交じり合う旋律、感情の起伏と重なるように飛び跳ねるリズムを軸にしたナンバー。繊細な手触りと解放感を兼ね備えたボーカルを活かしたサウンドメイクも本作の魅力だ。カップリングには蒼井の作詞・作曲によるエレクトロテイストの楽曲「奪えないもの」を収録。〈奪いたくても叶わない〉、切実な感情を描いた歌詞も強く心に残る。

■森朋之
音楽ライター。J-POPを中心に幅広いジャンルでインタビュー、執筆を行っている。主な寄稿先に『Real Sound』『音楽ナタリー』『オリコン』『Mikiki』など。

アプリで読む