Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

左からたけっち、松本潤、さとっち。

松本潤委員長「きのこたけのこ総選挙」結果を公表「チョコスナックの未来を作り続ける」

ナタリー

18/9/11(火) 14:13

嵐の松本潤が、本日9月11日に東京・ラフォーレミュージアム原宿で行われた明治「きのこの山」「たけのこの里」の新CM発表会および「きのこの山・たけのこの里 国民総選挙2018」の開票イベントに登壇した。

長年に渡って親しまれるチョコレート菓子「きのこの山」と「たけのこの里」の人気を競う「きのこの山・たけのこの里 国民総選挙2018」。“きのこ党”、“たけのこ党”、そして双方の発展を目指す“どっちも党”が立候補し、投票は2~7月に本企画の特設サイトで行われた。

総選挙委員長を務める松本は、まず「約5カ月間しのぎを削った各党の選挙活動の集大成として国民総選挙の結果を発表したいと思います」と挨拶し、今回の総選挙を振り返っていく。司会者から投票総数がおよそ1600万票であったことを伝えられると「投票してくれた方々に感謝を申し上げます。(総選挙の)関心の高さをすごく感じました」とコメント。7月25日付けの途中経過では、“たけのこ党”が623万4182票で1位を獲得したことについて「たけのこ党、やはり強いですね」と語った。また各党のマニフェストで気になるものを問われた松本は、“たけのこ党”によるたけのこ型のAIスピーカー「TAKE」の開発に注目していると回答。「なぜ『たけのこの里』でAIスピーカーを作るのかというのはありますけど、見てみたいですね」と興味津々の様子で話した。応援している党については“きのこ党”が票数を伸ばすための施策として「♯きのこ党へののりかえキャンペーン」を実施したことに触れつつ「委員長は立場上はっきり答えられないけど、“きのこ党”のがんばりを高く評価している」と自身の思いを述べた。

会場が緊張感に包まれる中、松本委員長が結果を公表。改まった顔つきで「『きのこの山・たけのこの里 国民総選挙2018』見事勝利を収めたのは“たけのこ党”です!」と宣言し、“たけのこ党”と書かれたカードを記者陣に見せた。得票数は“きのこ党”が676万1773票、“たけのこ党”が693万1220票、“どっちも党”が223万8204票。惜しくも僅差で破れた“きのこ党”について松本は「惜しかったですね」とコメントした。

そして本日9月11日より放送されている新CM「きのこの山・たけのこの里 国民総選挙2018 結果」編の上映後、撮影裏話について「どっちが勝つか知らないで撮っている」と明かした松本。続いて彼は、勝利した“たけのこ党”のマニフェスト8つを紹介するVTRを鑑賞し、「これ全部やるんですか?」と驚いた様子を見せた。最後に松本は「“たけのこ党”の勝利を持って長く熱い戦いが終わりました。(“たけのこ党”は)マニフェストを実現させていくということで、僕も国民の皆様と楽しみに待っています。買ってもおごらず負けても恥じることなく、チョコスナックの未来を共に作り続けていけたらいいなと思います」と述べ、今後も各党の行方を見守っていくことを約束した。

現在「きのこの山」「たけのこの里」のオフィシャルサイトでは、クオカード「明治オリジナル 松本潤QUOカード」などがプレゼントされるキャンペーンを実施中。応募の受付は12月10日までとなっている。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play