Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

J・A・バヨナ製作総指揮のサスペンス・スリラー 『マローボーン家の掟』4月公開

リアルサウンド

19/2/4(月) 18:00

 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の監督、J・A・バヨナが初の製作総指揮を務めた『Marrowbone(原題)』が、『マローボーン家の掟』の邦題で4⽉12⽇より公開されることが決定した。

参考:グレン・クローズが見せる解放と恍惚の表情ーー『天才作家の妻』が描く“妻”という役目

 海沿いの森の中にひっそりと佇む⼤きな屋敷に住むマローボーン家の4⼈兄妹は、不思議な“5つの掟”に従いながら、世間の⽬を逃れるように⽣きていた。忌まわしい過去を振り切り、この屋敷で再出発を図る彼らだったが、⼼優しい⺟親が病死し、凶悪殺⼈⻤である⽗親を殺害したことをきっかけに、4⼈の希望に満ちた⽇々はもろく崩れ出す。

 若くしてスペインを代表するフィルムメーカーとして名を馳せ、今や最も注⽬される才能の1⼈となったバヨナ監督が、初めて製作総指揮を務めた本作の監督を務めたのは、本作が監督デビュー作となる、『永遠のこどもたち』『インポッシブル』の脚本を⼿がけたセルヒオ・G・サンチェス。ハリウッドを席捲しているスパニッシュ・スリラーの代表的存在の2⼈がタッグを組んだ。

 マローボーン家の4人兄弟として、『サンシャイン/歌声が響く街』『はじまりへの旅』のジョージ・マッケイ、『ニンフォマニアックVol.2.』『サスペリア』のミア・ゴス、TVシリーズ『ストレンジャーシングス 未知の世界』のチャーリー・ヒートン、新たな⼦役マシュー・スタッグが出演。そして『スプリット』『ミスター・ガラス』のアニャ・テイラー=ジョイが、ただひとり兄妹と⼼を通わせる重要なキャラクターを演じている。(リアルサウンド編集部)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える