Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

亀梨和也、ソロ活動を通じて掴んだ“新しい自分” 歌番組ソロ出演時の本音語ったラジオを聞いて

リアルサウンド

19/6/5(水) 6:00

 亀梨和也が、6月1日放送のラジオ『KAT-TUN 亀梨和也のHANG OUT』(NACK5)で、1stソロシングル『Rain』にまつわる心境を語った。現在、絶賛放送中のドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系)の主題歌としても親しまれている本作は、KAT-TUN 亀梨和也として見せている艶っぽい歌声は封印。ザラザラとしたドライな歌声を披露しており、まるで「楽曲の世界観を演じている」といった印象だ。

(関連:亀梨和也、初ソロシングル『Rain』が首位に 最新チャートから見えた男性ボーカル表現の”現在形”

 初登場オリコン週間ランキング1位、ビルボードジャパンのシングルセールス首位を獲得すると、番組には多くの祝福のメッセージが届いたという。亀梨は「いや、本当にみなさん、改めてありがとうございます(拍手)。嬉しいですよ、正直ドキドキしてたもん(笑)」と、思わずホンネがこぼれる。

 話題が「Rain」を披露した歌番組に移ると、『MUSIC FAIR』(フジテレビ系)について「この番組が初めて『Rain』を歌う環境だったんですね。ましてや生バンドで、っていう。めちゃくちゃ緊張しましたよ」と飾らないコメントが飛び出す。「ずっと楽屋にいるのもドキドキするから、近くのプールに行って、一人で歩きながらずっと『Rain』を口ずさんで(笑)」と、気を紛らわせていたという。

 いつも凛とした雰囲気を醸し出し、本番に強い亀梨が、こんなふうにポロッと心の言葉をつぶやくところが、多くの人に愛される所以なのだろう。本番では、ドラマ『ごくせん』(日本テレビ系)第2シリーズで共演した仲間由紀恵との再会も。当時の亀梨について恩師役の仲間から「人見知りが頑張ってるな」と言われてしまうと、照れくさそうに微笑む亀梨。そんなほんわかとした雰囲気と、「Rain」で見せる孤独な表情の振れ幅にも、彼の魅力の奥深さを感じさせる。

 KAT-TUNというグループはもちろん、山下智久との期間限定ユニットなど、様々なカタチで作品をリリースしてきた亀梨だが、やはりソロというのは感覚が違うようで「初めて一人でああいう空間にいるのも、すごく不思議な感じだったな」と、改めて振り返る。「初めてだったから、この亀梨くんってどういう感じなの? なんかピンっ、“ハイ! ハイ!”っていうのも違うし。(落ち着いて)“あ~、そうですね”っていうのも違うし。最近になってやっと固まってきましたけどね、アーティスト一人バージョンの亀梨くん(笑)」と、本人も今回のソロ活動を通じて、新しい亀梨和也を掴んだ様子。

 さらに、プロデューサーに転身した滝沢秀明が演出を担当した『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)では、ジャニーズファミリーとして一回り大きくなった亀梨もチラ見え。雨が振る中でジャニーズJr.たちをバックにつけて歌った亀梨。「自分がJr.だったころに、先輩たち、KinKi Kidsであり、V6さんであり、タッキー&翼であり、嵐であり……が、バックにつけてくれたりとか。なんか、ああいう亀梨和也の仕事の中で感じてもらえることがあったら、それはそれで素敵なことだなと思って」と、Jr.たちに向けた想いを語り始める。

 「最初、雨が降ってるところでバーンっていう案もあったんだけど、俺的にせっかく出るなら、やっぱ彼らのビジュアルという部分もしっかり出してあげたいなっと思って……Jr.のころとかにMステのあの席とかに座れんの、めちゃくちゃ嬉しかったんですよ。せっかくだから、一人だし、なんか出れる隙間もあるって話だったから、じゃあ“YOUたちも座っちゃいなよ”つって、一緒にね。なんか、ちょっと、ジャニーズ孝行じゃないですけど、“お兄さん“できたかなって思います(笑)」。

 KAT-TUNを背負い続けてきた亀梨の人間味あふれる言葉たちに、尽きないピュアな成長意欲を感じられる放送だった。新たな一歩を踏み出すと、自分でも驚くような自分に出会えることもある。今回のソロプロジェクトは、亀梨にとっても、そして長年彼を見守ってきたファンにとっても、新たな一面を見ることができたのではないだろうか。そして、また亀梨にはKAT-TUNというホームがある。ソロで受けた新たな刺激と貴重な経験を還元し、進化する夏のKAT-TUNライブが楽しみだ。(文=佐藤結衣)

アプリで読む