Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

加藤健一事務所 vol.104「喝采」より。

再演でさらなる高みへ、加藤健一×竹下景子「喝采」東京公演スタート

ナタリー

19/3/12(火) 19:00

加藤健一事務所「喝采」が、1月から3月にかけて行われたツアー公演を経て、明日3月13日から17日まで東京・本多劇場で上演される。

起死回生をかけた舞台を控える夫婦を描いた本作は、劇作家クリフォード・オデッツの心理ドラマ。加藤健一事務所では2017年にフランク役の加藤健一、ジョージー役の竹下景子、バーニー役の山路和弘の顔合わせで上演され、山路が第59回毎日芸術賞を受賞した。

17年版と同じく、文学座の松本祐子が演出を手がける今作には、加藤、竹下に加え、奥村洋治、林次樹、山本芳樹、寺田みなみが出演。バーニー役には新たに小須田康人を迎える。

再演に際し、「今回の再演は、まさに『リベンジ』。挑戦したいことがいっぱいです」と語っていた加藤は、ツアー最終地となる東京公演の開幕に向けて、「初演の『喝采』よりは 格段に良くなっていると思います。より深く、より感動的な作品に生まれ変わっていますので、是非劇場まで確かめに来て下さい」と意気込みを語った。上演時間は休憩を含む約2時間50分。公演は3月17日まで。

加藤健一コメント

舞台の再演は映像の再放送や再上演とは全く違い、キャスト・スタッフ全員が、初演の成果を上回るべく、全身全霊を傾けます。ですから、よほどの事がない限り、再演を重ねる度に芝居はどんどん良くなって行くものです。今回も、初演の「喝采」よりは格段に良くなっていると思います。より深く、より感動的な作品に生まれ変わっていますので、是非劇場まで確かめに来て下さい。

加藤健一事務所 vol.104「喝采」

2019年3月13日(水)~17日(日)
東京都 本多劇場

作:クリフォード・オデッツ
訳:小田島恒志、小田島則子
演出:松本祐子
出演:加藤健一、竹下景子 / 奥村洋治、林次樹、山本芳樹、寺田みなみ / 小須田康人

アプリで読む