Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

King & Prince

King & Prince平野紫耀、紅白大舞台で「女性の方々をツヤツヤにしたい」

ナタリー

18/12/29(土) 10:33

12月31日(月)にNHK総合ほかで放送される「第69回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが、本日12月29日に東京・NHKホールで行われている。この記事ではKing & Princeのコメントを紹介する。

平野紫耀は紅白の雰囲気について「大人の方々が多い。先輩方のバックで出演したことはあったが、緊張感が伝わってきます」と背筋を張る。スニーカー姿で囲み取材に登場した神宮寺勇太は、囲み取材の赤いカーペットを見ながら「赤い絨毯を歩く機会がないので、この靴で大丈夫かな……」と不安げに目をさまよわせた。今年1年を振り返って、平野は「デビュー会見からあっという間にいろんなことが過ぎていきました」と思いを馳せる。この1年で印象に残っている出来事を問われると高橋海人は「デビューが決まったとき。ジャニーさんから『今から来て』って電話がかかってきて、僕は食べていたコンフレークを残して出て行ったんです」と回答して記者陣を笑わせた。

「今年1年を漢字で表すと?」と記者陣に聞かれた5人。神宮寺が「挑戦の『挑』」と真面目に答えると、平野は「安パイだね」とすかさず言葉を挟んだ。永瀬廉は「『人』です。いろんな人に支えられたので」、平野は「『懐』です。今年はいろんな仕事をさせていただいて、いろんなの人の懐から泥棒のようにいろいろと盗んだ。さんまさんとかすごい! 台本にないことをしゃべって楽しんでいる感じなんです」と目を輝かせる。岸優太が「肥大の『肥』。いろいろ経験させていただいたので」と答えたあと、高橋が「『華』です。デビューさせてもらって、いろんな関係者の方に“華”を持たせてもらって、きらびやかな1年を過ごすことができました」と充実した表情を浮かべると、岸も「間違いないよ!」と賛同した。

休養中の岩橋玄樹について、岸はメンバーを代表して「彼は努力して、1日でも早く戻ってこようとしています。僕たちは焦らず待っているし、彼が帰ってくる準備がいつでもできている。紅白も応援してくれているので、彼の気持ちを背負ってステージに立ちます」とコメント。最後に平野が紅白に向けて「デビューして1年も経ってもいないですが、今回大舞台に立たせていただきます。見てくださる女性の方々をツヤツヤにしたいと思います!」と意気込み、囲み取材を締めくくった。