Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

「あまねき旋律(しらべ)」ポスタービジュアル

山形国際受賞作、インド発の音楽ドキュメンタリー「あまねき旋律」公開決定

ナタリー

18/7/1(日) 12:00

山形国際ドキュメンタリー映画祭2017で日本映画協会賞とアジア千波万波部門の奨励賞を獲得したインド映画「Up Down & Sideways」が、「あまねき旋律(しらべ)」の邦題で10月に公開される。

本作はインド東北部、ミャンマー国境付近に位置するナガランド州の山深い村々で古来より語り継がれてきた歌を巡る音楽ドキュメンタリー。急な斜面に作られた棚田で働く村人たちは、苗木植え、穀物の収穫、運搬といった作業の間、“リ”と呼ばれる歌を歌う。カメラは季節の豊かさ、友愛、そのほか生活のすべてを歌で表現する人々を捉えていく。インド南部出身のアヌシュカ・ミーナークシとイーシュワル・シュリクマールが共同で監督を務めた。

「あまねき旋律(しらべ)」は東京・ポレポレ東中野ほか全国で順次ロードショー。ブロードキャスターのピーター・バラカンによるコメントは下記の通り。

ピーター・バラカン コメント

田植えなどの肉体労働のリズムに合わせた集団の歌は、パッと聞いてアフリカのものかと思うような響きですが、これまでぼくは知らなかったナガランドはインド北東部、山間部の僻地。楽器も何も要らない皆の呼応する歌声が日常の潤滑油になっています。屈託ない人々の素朴な生活を追った素敵な映画です。

(c)the u-ra-mi-li project

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play