Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

鈴村健一(撮影:草刈雅之)

鈴村健一“ただただ楽しいライブ”でパシフィコ横浜に笑顔あふれた夜

ナタリー

19/1/12(土) 17:31

鈴村健一が1月5、6日に神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホールでワンマンライブ「鈴村健一 LIVE 2019 "WARAUTA"」を開催した。この記事では2日目の公演の模様をレポートする。

開演時間を過ぎた頃、客電が落ちるとステージに設置されたテレビ型のスクリーンに、鈴村がニュースキャスターに扮したニュース番組風の映像が流れる。「『鈴村健一 LIVE 2019 "WARAUTA"』が間もなくパシフィコ横浜で開幕します。その会場がとんでもない熱気に包まれているとのことです。では、現場から中継です」とキャスターの鈴村が告げると同時に、ステージに作られた階段の上に袴を着用した本人が登場し「新年あけましておめでとうございます!」と観客に挨拶。そして「昨年は10周年イヤーということで皆さんと盛り上がれてうれしかったです。今年は昨年以上に盛り上がっていきましょう! それでは『鈴村健一 LIVE 2019 "WARAUTA"』開幕です!」と立ち上がり、無邪気に手を叩きながら「あいうえおんがく」でライブをスタートさせた。ライブ序盤から大盛り上がりの観客を、鈴村は「このまま行こうぜ! パシフィコ声出せるか!」とさらに煽り、両手を広げて観客の全力のコールを気持ちよさそうに受け止める。さらに「NAKED MAN」で力強いハーモニカの音色を響かせたあと、鈴村は「今日は最高の、ただただ楽しいライブを、ドカンと打ち上げていきましょう!」と観客に呼びかけた。

本公演では鈴村が衣装チェンジのためにステージからはけた際も、テレビ型スクリーンでニュース番組のほか、密着ドキュメンタリー風の番組、テレビショッピング風の映像といったさまざまな趣向を凝らしたムービーがスクリーンに流れ、オーディエンスを楽しませていた。ストライプ柄の衣装に着替えた鈴村は、左右に手を振りながら「シンプルな未来」を届け、場内をピースフルなムードへと導いていく。ライブ中盤にはアニソンコーナーが設けられ、重厚なロックサウンドが渦巻いた「あすなろ」、芯のある歌声が響きわたった「シロイカラス」といったナンバーが披露された。そして鈴村が「新年一発目だから、いつもとは違うアニソンも歌いたいな」と話を切り出すと、どこからともなくステージにサッカーボールが投げ込まれる。「ボールは友達!」と自身が声優として出演するテレビアニメ「キャプテン翼」の名台詞を叫び、鈴村が歌い始めたのはそのテーマ曲「燃えてヒーロー」。鈴村はサッカーボールを蹴りながら楽しげに楽曲を歌い、「『キャプテン翼』よろしく!」と作品をアピールした。

アニソンコーナーのあとに設けられたのは、鈴村がファンから寄せられたメールを紹介する“朗読コーナー”。自身の楽曲に対するリスナーの思い入れやエピソードを丁寧に読み上げ、「僕の楽曲が皆さんの日常に寄り添えているとわかって、より一層元気が出ましたし、また音楽活動をやっていきたいなと思えました。本当に皆さん、いつもありがとうございます」と優しくほほ笑む。そして「いただいたメッセージに、音楽でお返ししたいと思います」と告げた鈴村は、エピソードを紹介した「新しい音色」「messenger」「光よりはやく飛ぶロケット」「さあ見栄張りましょう」からなるメドレーを思いを込めるようにじっくりと歌い上げた。その後カジュアルな衣装に着替えた鈴村は、「ハナサカ」でトロッコに乗って客席を周回。花びらを会場に振り撒き、「今年も最高に素敵な花を咲かせてください!」と明るくオーディエンスに声をかけた。

ライブも終盤に差しかかった頃、鈴村が一度舞台からはけると同時に突如スクリーンに「次はKing&Rogueoneです」という文字が映し出され、場内は騒然となる。King&Rogueoneは昨年12月にイベント「おれパラ」にて結成が発表され、4月3日にCDデビューを控えているユニット。大歓声の中、レザージャケットとサングラスを着用した “King”と “Rogue”がサプライズで登場し、ステージ上で拳を突き合わせた。心地のいい歌声とKingのラップが際立つデビュー曲「King&Rogueone」を歌い終えると、Kingは「まさかこのパシフィコ横浜に来ることができるなんて、今でも俺たちは信じらんねえ。でもみんなの1つ1つの光が、これが現実だって教えてくれる……」とコメント。Rogueも「サングラスの先にとてつもない光を感じる……」とつぶやき、Kingの「俺たちの音楽はまだまだ終わらねえ」という言葉と共に「Catch your eyes」を軽快なリズムに乗せてパフォーマンスした。

King&Rogueoneが嵐のようにステージを去ったあと、鈴村は改めて1人でステージへ。「皆さんにただ楽しんでもらおうという気持ちで作ったライブです。ただ笑えたらいいなと思って、今回のタイトルは『WARAUTA』になりました。皆さん、笑ってますか?」と客席に問いかけ、それに応える観客の歓声を浴びると「俺もニコニコ! 最高!」と喜びいっぱいに声を上げた。鈴村は「2019年、僕はいろんな新しいことにチャレンジしたいなと思います」と言葉を続け、「皆さんに何かを届けられるように一生懸命やっていきますから、鈴村健一を今後ともよろしくお願いいたします!」と挨拶。そして昨年発表した楽曲「この世界の好きなところ」「Go my rail」を真っすぐに届け、温かな空気の中ライブ本編を終えた。

アンコールで再びステージに現れた鈴村は「brand new」を晴れやかに歌い上げたあと、「CHRONICLE」を力を込めて披露。最後には「2019年、いろいろあるでしょう! でも、最高にポジティブな年にしてくれー!」と「ポジティヴマンタロウ」をオーディエンスと合唱し、弾けるような笑顔で2019年初のステージに幕を下ろした。

このライブの模様は3月にMUSIC ON! TVでオンエアされる予定。会場に足を運べなかったファンも、放送を楽しみにしておこう。

鈴村健一「鈴村健一 LIVE 2019 "WARAUTA"」2018年1月6日 パシフィコ横浜 国立大ホール セットリスト

01. あいうえおんがく
02. ミトコンドリア
03. NAKED MAN
04. シンプルな未来
05. 春の日よ
06. CHAPPY
07. あすなろ
08. シロイカラス
09. 燃えてヒーロー
10. "WARAUTA" medley(新しい音色 / messenger / 光よりはやく飛ぶロケット / さあ見栄張りましょう)
11. ハナサカ
12. The whole world
13. HIDE-AND-SEEK
14. King&Rogueone / King&Rogueone
15. Catch your eyes / King&Rogueone
16. この世界の好きなところ
17. Go my rail
<アンコール>
18. brand new
19. CHRONICLE
20. ポジティヴマンタロウ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える