Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

伊藤純奈(乃木坂46)と松田好花(けやき坂46)。

乃木坂46純奈×けやき坂46好花、同い年コンビが初タッグで熱演「七色いんこ」本日開幕

ナタリー

18/10/4(木) 19:00

乃木坂46の伊藤純奈とけやき坂46の松田好花が出演する舞台「七色いんこ」が本日10月4日に東京・AiiA Theater Tokyoにて開幕。公演を前に伊藤、松田による記者会見と公開稽古が行われた。

手塚治虫の同名マンガを原作とする今作で、伊藤と松田は初共演。代役専門の天才役者にして泥棒でもある七色いんこを伊藤が、いんこを追う女性刑事・千里万里子を松田が演じる。会見で初日公演を前にした心境を問われると、伊藤は「稽古期間が短くて、好花ちゃんと時間がそろうこともなかなかなかったのですが、演出家の三浦香さんはじめカンパニーの皆さんが優しくいろいろと教えてくださって。なんの心配もなく本番を迎えられそうです」と笑顔を浮かべる。一方の松田は「私はこういった舞台に立つのが2回目なので、すごく緊張していますが……」と伊藤とは対照的な思いを明かしながら「共演の方々にたくさんアドバイスしていただいたことを、しっかりと本番の舞台で生かせるようにがんばります」と意気込んだ。

男役、さらには天才役者という、難役とも取れる役柄に挑んだ伊藤は「最初は『男』『天才役者』というパワーワードに『おおっ』となりました(笑)」と素直な気持ちを明かし、「アドバイスしてくれる方が周りにたくさんいたので、深く考え過ぎず。いろんな役柄を演じる場面も、『いんこがその役になりきっている』と、いんことして考えていました」と役作りについて語った。男性らしい歩き方も振り付けの先生に教えてもらったといい、伊藤のいんことしてのたたずまいについて、松田は「稽古を重ねるごとにいんこに見えてきて。本当に男だなって思いました」と太鼓判を押す。また、松田の演技については伊藤が「歩き方がアニメっぽくて、かわいいんです」と話し、この言葉に松田は照れ笑いを浮かべていた。

同い年の2人は今作のビジュアル撮影が初対面だったという。「乃木坂には人見知りのメンバーがすごく多いから(松田にも)勝手に人見知りのイメージを持っていたんですが、とても気さくで。初日から仲よくできました」と明かした伊藤は「人懐っこくてワンちゃんみたい」と松田の印象を語る。これに対して松田は「同い年だけどそう思えないくらい大人っぽくて、舞台上での存在感がすごい。憧れの先輩です」と返した。会見中にもお互いの目を見て笑い合ったり、伊藤が松田の肩を抱き寄せるなど仲のよさが垣間見えたが、伊藤は「まだ(松田の)『純奈さん』呼びが抜けないんです」とも告白。「最終日までに『純ちゃん』って呼ばせます」と誓っていた。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play