Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「刑事ゼロ」制作発表記者会見にて、餅つきを行う瀧本美織(左)と沢村一樹(右)。

沢村一樹と瀧本美織が餅つきで新ドラマ「刑事ゼロ」のヒット祈願

ナタリー

19/1/6(日) 12:03

沢村一樹が主演を務める連続ドラマ「刑事ゼロ」の制作発表記者会見が、京都・東映京都撮影所で1月5日に行われ、沢村のほか瀧本美織、寺島進、横山だいすけ、猫背椿、渡辺いっけい、財前直見、武田鉄矢が出席した。

「刑事ゼロ」は、20年間の記憶を失ってしまった刑事・時矢暦彦が、新人刑事の佐相智佳とコンビを組み、五感と洞察力で難事件を解決していく姿を描くドラマ。会見の直前には、時矢役の沢村と佐相役の瀧本がドラマのヒットを祈願して餅つきを実施した。沢村が「よいしょー! よいしょー!」の掛け声に合わせて杵を振るい、瀧本が合いの手を入れるという息の合ったコンビネーションを見せる2人。瀧本は「こんなに楽しいセレモニーで会見を始められるなんて、今年もいい年になりそうだな、という予感がします」と心底楽しんだ様子で感想を述べた。

沢村は「こうやって皆さんが並ぶと、ものすごく豪華なメンバーでドラマを作らせていただいているのだなと改めて実感します」とコメント。「寺島さんだけは新年にふさわしく見えないかもしれないですが(笑)」と冗談を交えつつ、「実は一番『みんなでがんばろう!』と声をかけてくださっている先輩です。新年から素敵なドラマをお届けすべく、全員でがんばっています」と続けた。

会見では、出演者たちが新年の抱負を表明する一幕も。寺島は「若い頃に少しかじっただけだったので、今年はゼロから格闘技をやりたい。あと50歳のときにジェットスキーの免許を取ったので、55歳の今年はスキューバダイビングの免許を取りたいと強く思っております!」と宣言。“だいすけお兄さん”として知られる横山は「まだ駆け出しの俳優ですが、素晴らしい俳優さんに囲まれている中で、まずは噛まないこと、そして役としてしっかりといること。そのことにしっかりと注力したいと思います!」と俳優としての意気込みを口にした。

作品について、沢村は「刑事ドラマではあるのですが、この刑事たちの中で、僕1人だけがある意味、刑事ではないんです。そういう意味では今までにない刑事ドラマなので、視聴者の皆さんも新しい気持ちで心から“ゼロ”を楽しんでいただけたら」とアピール。「4月で“平成”も終わるというタイミングでこのドラマをやれることに、運命みたいなものを感じています。1年の始まりに非常にふさわしいドラマに仕上がっていると思います」と手応えを明かした。

「刑事ゼロ」は1月10日よりテレビ朝日系で放送開始。初回は2時間スペシャルとなる。

木曜ミステリー「刑事ゼロ」

テレビ朝日系 2019年1月10日(木)放送スタート 毎週木曜 20:00~20:54
※初回は2時間スペシャル

(c)テレビ朝日

アプリで読む