Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

「船越英一郎殺人事件」

船越英一郎が本人役でサスペンスドラマの容疑者に!「クライマックスはもちろん崖」

ナタリー

18/8/1(水) 13:10

船越英一郎が本人役で主演を務める2時間のサスペンスドラマ「船越英一郎殺人事件」が、8月24日にフジテレビ系で放送される。

これは船越の芸能生活35周年を記念して制作されたもの。サスペンス「独身貴族探偵・桜小路優」の撮影が行われていたスタジオで殺人事件が発生し、自身も容疑者になってしまった船越が、これまで出演してきたサスペンスドラマで得た知識と経験を駆使して真犯人を捜す。船越のほか夏菜、内山理名、木下ほうか、桐山漣が出演。また山村紅葉、萬田久子、吉田鋼太郎、内藤剛志、北大路欣也が本人役でキャストに名を連ねた。

船越は「脚本を読んで、これ、俺じゃないよ!というところは一つもなかったです」「“こんなの俺じゃない!”ではなく“俺ってこういうやつなのね”と脚本から教わりました」とコメント。そして2時間サスペンスドラマではおなじみの場所・崖が本作でも登場することを明かし「崖と言えば、ポニョか船越と言われるようになって(笑)」「クライマックスシーンはもちろん崖です」と述べている。

※桐山漣の漣はさんずいに連が正式表記

金曜プレミアム 芸能生活35周年特別企画「船越英一郎殺人事件」

フジテレビ系 2018年8月24日(金)19:57~21:55

船越英一郎 コメント

本人役での主演について

僕にとって最初で最後だと思います。皆さんからの愛情たっぷりなプレゼントですね。今回の制作スタッフは、一緒にこの世界を駆け抜けてくれたメンバーが中心になっていて、仲間たちが集結してくれました。本当に幸せなことです。

35年を振り返って

あっという間でした。険しい道のりでしたが、そこには楽しさも表裏一体でありました。
この作品は、長年やってきた2時間サスペンスの総決算と受け止めていただければと思います。ありがたいことに民放全局でシリーズをやらせていただき、そのすべてが出てきますから。その当時の衣装とか、当時の台本とか。もう、ほとんどの決めゼリフは言ってます!

台本を読んで感じたこと

脚本を読んで、これ、俺じゃないよ!というところは1つもなかったです。ある意味、彼らの視点には僕はこう映っているのかと。“こんなの俺じゃない!”ではなく“俺ってこういうやつなのね”と脚本から教わりました。ある意味、自分を知る脚本でしたね。

脚本の中には“沈黙が一番いいんだ”というセリフが登場します(笑)。他にも虚々実々のセリフやシチュエーションがふんだんに登場します。でも、裏を返せば、僕はドラマの中でフィクションとノンフィクションが入り交じるほどのエピソードを持っているということですね(笑)。

サスペンスの内容について

僕が出演するドラマの撮影現場で実際に殺人事件が起きるという設定で、僕が容疑者に。僕が犯人になっていくのか? 真犯人がいるのか? 真犯人がSNSを使って僕をドンドン追い詰めていきます。この2時間ドラマに出てくる船越英一郎も、今まで2時間ドラマで得た知識なり、経験なり、あるいは人生経験、すべてを使って事件に挑んでいきます。僕が、この世に生を受けてから今日まで歩ませていただいたすべてを総動員して事件を解決していくという話です。

役作りについて

難しかった。本来は、役作りというのは俳優として、役に命を吹き込む重要な作業ですが、今回は、自分自身を演じながら、ドラマに登場する船越英一郎という役、キャラクターを作り出さなくてはならなかったので。7割自分3割他人という不思議なアプローチでした。

2時間サスペンス定番の場所でも撮影を行ったことについて

2時間サスペンスと言えば、崖。崖と言えば、ポニョか船越と言われるようになって(笑)。今回は原点回帰しようと思い、ドラマの中にすべての2時間サスペンスに登場し得るエッセンスは入れました。クライマックスシーンはもちろん崖です。

豪華俳優陣が本人役で登場することについて

今回ドラマのナビゲーターとして北大路欣也さんにご出演していただくのですが、北大路さんのデビュー作の母親役が、僕の母親だったんです。お芝居のことを僕の母から教わったということで、僕のこともいろいろと気にかけてくれていて。先輩後輩諸氏。皆さんに本当に感謝しかないです。ある時代を大変な熱量を持って一緒に作品を作ってきた方たちばかりなので、撮影をしながら感慨深い毎日を送っていました。

本人役での主演は最初で最後?

もうないですね。これ以上やると、僕、出血多量になっちゃう(笑)。

視聴者へのメッセージ

最近は2時間サスペンスの枠が各局減っていますが、日本で誕生した貴重な文化だと思います。この作品が復活への糸口になってもらえればと。関わったスタッフ、監督、プロデューサー、出演者全員がそういった願いを込めた2時間サスペンスへの愛の集大成です。

(c)フジテレビ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play