Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「黒薔薇2~刑事課強行犯係 神木恭子」に出演する貫地谷しほり(左)と岸谷五朗(右)。

貫地谷しほりと岸谷五朗の刑事コンビ再び、「黒薔薇2」年内に放送決定

ナタリー

19/2/17(日) 6:00

貫地谷しほりと岸谷五朗が共演するドラマ「黒薔薇2~刑事課強行犯係 神木恭子」が2019年内にテレビ朝日系で放送される。

本作は元大阪府警暴力犯担当刑事という経歴を持つ作家・二上剛の警察小説をもとにドラマ化され、2017年12月に放送された「黒薔薇~刑事課強行犯係 神木恭子」の第2弾。所轄署刑事課強行犯係に配属された主人公の刑事・神木恭子は天才的な推理を展開する一方、違法捜査に手を染めてでも真相を解明しようとする黒い部分も持つ。前作ではベテラン刑事の折原圭作とコンビを組み、複雑な謎を解き明かすうちに警察組織の闇までも浮かび上がらせた。第2弾でも神木を貫地谷、折原を岸谷が演じ、ドラマ「相棒」シリーズで知られる和泉聖治が監督を務める。

今回は二上の小説「ダーク・リバー 暴力犯係長 葛城みずき」をもとに、神木と折原の活躍が描かれる。“叩き上げの星”と尊敬される警視庁捜査一課長・辻井幸則役で柳葉敏郎が出演するほか、川口覚、宮本大誠、木下ほうか、ミッツ・マングローブ、小沢和義、丘みつ子らが出演。貫地谷は「私は元気で明るい役がとても多かったので、前回、神木を演じた時は迷いもあったのですが、今回は神木のイメージが出来上がっていたので役に入りやすかったですね」とすんなりと役に戻れたことを明かし、岸谷は「普通の刑事ドラマというジャンルにはない入り組んだ設定と、しかも警察組織という自分たちの世界を探っていく。そこを味わって見ていただければ」と重厚な見どころをアピールした。

ドラマスペシャル「黒薔薇2~刑事課強行犯係 神木恭子」

テレビ朝日系 2019年内放送

貫地谷しほり コメント

私は元気で明るい役がとても多かったので、前回、神木を演じた時は迷いもあったのですが、今回は神木のイメージが出来上がっていたので役に入りやすかったですね。
折原に対して実は仲間意識があったんだというところも垣間見えるのですが、そこで胸が熱くなりました。嫌だ、嫌だと言いながら実はいい関係性を構築していたんだと思いました。
ドラマなのでストーリーはフィクションですが、原作が元警察官の二上先生なので説得力があります。そんな原作の持つパワー、正義を持って立ち向かう神木恭子というキャラクターは魅力的です。さらに折原との凸凹なコンビ感、そこもみどころですね。

岸谷五朗 コメント

改めて折原を演じてみて「あー、こいつ元気で仕事していたんだろうな」という特別な感情が湧きました。懐かしさというか、喜びみたいなものを感じましたね。そんな感じですぐに折原に戻れました。
このドラマで凛とした部分を演じる貫地谷さんが本当にカッコよくて素敵なんです。神木が何かを思いついて行動に出る瞬間などすごくカッコいい。それが見られるのがうれしいですね。
この作品はなかなかないドラマであることは確かです。普通の刑事ドラマというジャンルにはない入り組んだ設定と、しかも警察組織という自分たちの世界を探っていく。そこを味わって見ていただければ、と思います。

大川武宏(プロデューサー)コメント

前作でセンセーショナルな登場をした「組織に一切忖度しない刑事」神木と折原のコンビが帰ってきます! 今回、二人のバディ感が増しているので、キャラクターが際立ち、さらに面白くなっています。名匠・和泉監督によるテレビ朝日の新しいクライムサスペンス誕生に注目お願いします!

アプリで読む