Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

STU48 (c)STU

がんばろう瀬戸内!STU48、西日本豪雨チャリティツアー千秋楽

ナタリー

18/10/4(木) 11:10

STU48が昨日10月3日に東京・新宿文化センターで、西日本豪雨災害支援を目的としたチャリティコンサートツアーの千秋楽を開催した。

7月に西日本エリアを襲った豪雨災害。STU48の活動拠点である瀬戸内エリアも大きな被害に見舞われた。そんな災害からの復興を目的とした支援活動「がんばろう!瀬戸内」の一環として、STU48はチャリティツアーで大阪、福岡、本日の東京で計7公演を実施。千秋楽となる新宿文化センターではAKB48チーム4とSTU48キャプテンを兼任する岡田奈々が本ツアー初参加を果たし、STU48の全33名が勢ぞろいしてステージに立った。

STU48は「ペダルと車輪と来た道と」でさわやかにライブをスタートさせ、「思い出せてよかった」「STU48(瀬戸内ver.)」と序盤に3曲をメンバー全員で披露。MCでは土路生優里が「7月に各地を襲った西日本豪雨により被害に遭われた方々、そして、日本各地を襲っている自然災害に遭われた方々にメンバー一同、謹んでお見舞い申し上げると共に、1日も早い復興をお祈り申し上げます」と被災者にお見舞いの言葉を送った。その後、今村美月と土路生による「てもでもの涙」や、岡田、今村、磯貝花音、薮下楓、瀧野由美子の5人での「誰かがいつか 好きだと言ってくれる日まで」といったユニット曲が次々に届けられた。また楽曲の合間にはフリートークやチェキ抽選会が行われるなど、和やかなムードでコンサートは進行していった。

ライブ後半、写真と動画の撮影が許可された「心のプラカード」では、全メンバーがステージを降り、それぞれが瀬戸内愛を書いたプラカードを持って客席の通路を練り歩く。曲終わりにはステージに戻った全員で「ともに未来へ!がんばろう瀬戸内」と大きく書かれたメッセージを見せ、復興への思いを示した。その後、STU48はデビュー曲「暗闇」や、AKB48の最新シングル曲「センチメンタルトレイン」、ポジティブなメッセージが込められた「NEW SHIP」と続けてパフォーマンス。岡田が「私たちの思いが届きますように」と挨拶をしてから本編ラストを「僕のYELL」で締めくくった。

アンコールではチャリティツアーのグッズであるTシャツやリストバンドを身に着けたメンバーが登場。最後には兵頭葵のピアノ伴奏と、瀧野のサックス演奏に乗せて「瀬戸内の声」を全員で合唱し、温かい拍手を浴びた。全演目が終わったあと、瀧野はサックスをスタッフに渡す際に手紙を受け取ったといいながらステージへと戻り、岡田にその手紙を託す。岡田が手紙を読み上げると、西日本豪雨によって発売延期となっていた2ndシングル(タイトル未定)が2019年2月13日にリリースされることが明らかになった。一同が喜びの表情を浮かべる中、瀧野は「2ndシングルも延期、船(STU48船上劇場)も延期になっていたし……船は1年以上待ってるので、完成する前に卒業しちゃうんじゃないかと(笑)。でも、2ndシングルの発売が決まって本当によかったです」と素直な思いを吐露。来年のシングルリリースが決まり、瀬戸内の復興への思いを込めたチャリティコンサートは明るいムードの中で幕を下ろした。

西日本豪雨災害支援活動「がんばろう!瀬戸内」STU48チャリティコンサートツアー 2018年10月3日 東京都 新宿文化センター 大ホール セットリスト

SE. overture
01. ペダルと車輪と来た道と
02. 思い出せてよかった
03. STU48(瀬戸内ver.)
04. 希望的リフレイン
05. ポニーテールとシュシュ
06. てもでもの涙
07. 誰かがいつか 好きだと言ってくれる日まで
08. 片想いの入り口
09. 非全力
10. 僕たちはシンドバッドだ
11. 遠距離ポスター
12. 大声ダイヤモンド
13. 清純フィロソフィー
14. 心のプラカード
15. 暗闇
16. センチメンタルトレイン
17. NEW SHIP
18. 僕のYELL
<アンコール>
19. 夢力
20. 少女たちよ
21. 瀬戸内の声

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play