Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

左から木村世治(ZEPPET STORE)、TAKA(defspiral)、PATA(X JAPAN、Ra:IN)、CUTT(SPEED OF LIGHTS)。

hide命日イベントにX JAPAN・PATAサプライズ登場、hide愛用ギターで「TELL ME」捧げる

ナタリー

19/5/2(木) 22:52

hideの命日にあたる本日5月2日に神奈川・CLUB CITTA'でメモリアルイベント「hide Memorial Day 2019~春に会いましょう~」が開催された。

このイベントは1998年にこの世を去ってから21年となるhideのメモリアルイベントとして、導師を迎えての読経、ヘッドワックスオーガナイゼーションの松本裕士代表取締役による挨拶、黙祷を経て、献花式、フィルムライブ「hide FILM ALIVE!」、さらにサプライズでPATA(X JAPAN、Ra:IN)、I.N.A.(hide with Spread Beaver)、木村世治(ZEPPET STORE)、TAKA(defspiral)、CUTT(SPEED OF LIGHTS)が登場してのミニライブが行われた。

献花式の際には壇上にhideの愛用していた歴代のギターや衣装、愛車「ジャガー・デイムラー ダブルシックス」が飾られた。この愛車は通常グリーンだが、hideのこだわりから黒に塗装された特注品。またステージ後方のスクリーンにはhideのさまざまな写真や映像が上映され、来場者は色あせない魅力を放ち続けるhideの姿や、hideの愛用品の数々を見届けつつ、花を手向けた。

また献花式中のBGMには、5月10日に予約注文がスタートするスピーカー「hide×エムズシステムスピーカーVDRS hide model【HEADWAX】」を使用。このスピーカーはハンドメイドのスケルトンスピーカーで、内部にはhideが祖母から譲り受け、ステージ衣装として着用していたインドの民族服・サリーや、オレンジのフェイクファーの一部、さらにhideが使用していたApple「Macintosh PowerBook Duo 2300c」のパーツ、hideをイメージした蜘蛛と目玉のオブジェが収められている。会場ではこのスピーカーがフロア中央に設置され、スピーカーとしても展示物としても存在感を放っていた。

第2部にあたるフィルムライブでは1964年に生まれたhideの人生を振り返るヒストリー映像が放映された。フィルムライブにはhideの厳選ライブ映像や、ミュージックビデオを上映。レーザー照明や銀テープなどライブさながらの派手な演出もありつつ、約2時間で20曲が届けられた。

上映後にはサプライズでI.N.A.、PATAが登場。2人は「HURRY GO ROUND(hide vocal Take 2)」を披露。hideの優しい歌声とステージにいる2人の演奏が重なり、フロアからはすすり泣く声が漏れていたが、楽曲の終わりには観客が笑顔で拍手を送っていた。続けて入れ替わるように木村世治、TAKA、CUTTがステージに現れ、「ピンク スパイダー」「ROCKET DIVE」「FLAME」とhideの楽曲をプレイした。

ラストナンバーの前には木村、TAKA、CUTTのいるステージにPATAが手ぶらで登場し、両手を広げてギターが手元にないことをアピール。そしてステージに飾られていた6本のhideギターの中から、FERNANDES製MG-Xの通称“PAINT”モデルに手に伸ばす。このギターはhideが1994年の1stソロツアー「HIDE OUR PSYCHOMMUNITY ~hideの部屋へようこそ~」の頃までメインとして愛用していたモデルで、ボディのサイケデリックなグラフィックはhide自身によって描かれたもの。25年ぶりにステージで演奏されることとなるギターのサウンドチェックを済ませたPATAは、木村、TAKA、CUTTと並んで「TELL ME」を演奏。大歓声に包まれる中、今年の「hide Memorial Day」は大団円を迎えた。

アプリで読む