Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

コメディ映画であり青春映画であり音楽映画? 『DTC -湯けむり純情篇-』に寄り添う多彩な楽曲

リアルサウンド

18/10/12(金) 10:00

 『DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』は、音楽が気持ちのいい映画である。

参考:山下健二郎、『DTC -湯けむり純情篇-』イベントで“トリオの先輩”上島竜兵とキス芸に挑戦

 オープニングではドローンで海からダン(山下健二郎/三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)、テッツ(佐藤寛太/劇団EXILE)、チハル(佐藤大樹/EXILE、FANTASTICS)の乗った車が海岸線を走る光景を追いかけ、『HiGH & LOW』シリーズではおなじみの立木文彦のナレーションで映画が始まり、ナレーションが終わるとともに、今回のために書き起こされたSHOKICHIの新曲「Futen Boyz」が流れる。

 本作では、車に乗る場面で使われることが多いこの曲だが、ドライブミュージックらしい軽快で気分が上がるサウンドがオープニングにぴったりなのだ。しかも「Futen Boyz」という単語が、「フーテンの寅さん」を思わせる。フーテンとは、独特の恰好で定職にも就かずフラフラしている若者であったり、風来坊的な人物のことを指す。行き場のない気持ちをもてあまし旅に出るダン、テッツ、チハルにこれ以上似合う言葉はない。

 これまでの『HiGH & LOW』シリーズも音楽とは切っても切れない関係ではあった。『HiGH & LOW』ファンであれば、曲を聴けばどのチームの曲で、どんな場面で使われたものなのかがすぐに思い浮かぶものだと思うが、今回は、ケンカやアクションのないスピンオフ作品だけに、その使い方も違っている。

 例えば、縦笛兄弟のカニ男(八木将康)と尾沢(天野浩成)がデビューもしていないのにツアーに出ることになり、ダン、テッツ、チハルについてきてほしいと頼むシーンでは、彼らを説得するために「アーティストはモテるぞ」と尾沢がカッコつけながらセリフを言うと、そこで『HiGH & LOW』の顔でもあると言える曲「HIGHER GROUND」が流れる。

 しかし、これはパロディシーンである。おなじみの「HIGHER~」と繰り返す部分で、それぞれに恰好つけたダン、テッツ、チハル、尾沢、カニ男のキメキメのアップがテンポよく切り替わることで笑いを誘う。

 縦笛兄弟からの提案にワクワクを感じたダン、テッツ、チハルの3人は、「若いときは金がない、大人になると時間がない、けど年をとると金も時間もあるのに体が動かない」という話をしていたとき、ヒッチハイクをしている女の子と二ケツでバイクに乗る男性の姿を見て、「動くなら今」とバイクで旅に出る。そのときにかかるのがHONEST BOYZが登坂広臣をフィーチャリングした新曲「BEPPING SOUND feat. HIROOMI TOSAKA」である。

 登坂のカラッとしたセクシーさのあるボーカルを活かしたメロウなこの楽曲が、ボーイミーツガール的な期待を持つ(それがどうなるのかは、このときにはまだわからないのだが)ダン、テッツ、チハルのワクワク感をうまく表しているのだ。

 その後、実際にバイクで旅に出て緑の中を走る3人の映像とともに、おなじみのDOBERMAN INFINITY の「Do or Die」がかかる。この曲は、山王連合会のテーマであり、歌詞にもあるように「そうさ やるかやられるか二つに一つ」という意味の曲だ。なにか行き場のない気持ちを持っていたダン、テッツ、チハルが、旅に出ることで「やる」ことに向かうシーンにはピッタリの曲である。

 このほか、この映画にはコミカルな挿入歌がたくさんある。縦笛兄弟が世の中のちょっとした「いいこと」を立て続けに披露するパフォーマンス曲や、本作の監督である平沼紀久が作詞した入魂の(?)デュエット曲など、楽しい楽曲がこれでもかと出てくる。

 もちろん、オープニングでダン、テッツ、チハルがほぼワンカットで歌う「TRAFFIC LIGHT」のことは外せないだろう。普段の『HiGH & LOW』シリーズではなかなか聞くことのできない雰囲気の曲で、ハッピーな空気に満ち溢れていることも新鮮だ。この曲は、本作のドラマ部分に深くかかわる曲でもあり、感動すら呼び起こしてくれる。

 『DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』は、コミカルな部分も多いが、笑わせたあとにホロっとさせる映画でもある。そんな作品のエンディングでかかるDOBERMAN INFINITYの「YOU & I」は、ロードムービーならではの出会いと別れからくるせつなさも交じりつつ、前に進む爽快さがあり、映画を見た後の気分に寄り添っていると感じるのだ。(西森路代)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play