Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『恐怖の報酬〈オリジナル完全版〉』 (C)MCMLXXVII by FILM PROPERTIES INTERNATIONAL N.V. All rights reserved.

第4回

毎週掲載

短期集中連載 あの中子真治が解説 この秋公開の“超カルト映画”5本

『恐怖の報酬』「本物の映画を観た」と芯から実感させてくれる骨太で容赦ない男たちの地獄巡り

18/10/31(水)

 紛れもない傑作なのに正当な評価が得られず、興行的にも失敗に終わる不運な映画が稀にある。生まれてきた日が悪かったのか、公開のタイミングを誤ったばかりに報われない映画のことだ。1968年の『2001年宇宙の旅』は『猿の惑星』がなかったらもっと注目されただろうし、1982年の『ブレードランナー』や『遊星からの物体X』は完全に『E.T.』に粉砕された。ちなみに『2001年』公開の年、小松左京さんや星新一さんが主会員の日本SF作家クラブは『猿の惑星』を推薦映画とし、稀代の名作には頓着しなかった。しかし世界一不運な映画は、『スター・ウォーズ』ブームに沸き上がる1977年、つまり観客の好みもスタジオの方針さえポップ・スペクタクル映画へとシフトしはじめた最中に公開され、その場違いな内容ゆえ誰からもそっぽを向かれ、そればかりか40年ものあいだ封印されてしまったウィリアム・フリードキン監督の『恐怖の報酬』をおいて他にない。

『恐怖の報酬〈オリジナル完全版〉』
(C)MCMLXXVII by FILM PROPERTIES INTERNATIONAL N.V. All rights reserved.

フリードキン作品はクルーゾー版との比較に終始し真剣に語られなかった

 油田火災を鎮火するためにニトログリセリンを運搬する危険極まりない仕事を請け負った、すねに傷を持つ4人の男たちの命懸けのロード・ムービー。映画のクレジットにはジョルジュ・アルノーの小説に基づくとあるが、実際のところはアンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督による同小説の最初の映画化作品で、ジャンル映画にして哲学的探求を成し遂げた不朽の名作『恐怖の報酬』(1953年)のリメイクにあたる。ゆえに当時の批評家たちはフリードキン作品を手っ取り早くクルーゾー作品と比較して優劣をつけるにとどまり、真剣に取り合おうとはしなかった。さらに映画のタイトル(原題は『Sorcerer=魔術師』という)が足を引っ張りもした。『エクソシスト』(1974年)の監督の新作という理由で、「超自然現象を扱った映画」を連想させたのだ。いずれにせよ『スター・ウォーズ』の時代にあって、この悲観的であまりにもハリウッド映画らしからぬ物語は、お呼びでなかったのだ。

『恐怖の報酬〈オリジナル完全版〉』
(C)MCMLXXVII by FILM PROPERTIES INTERNATIONAL N.V. All rights reserved.

 クルーゾー版、イブ・モンタン主演の『恐怖の報酬』の最初のテレビ放映は1967年の日曜洋画劇場ということになっているが、それよりもまえ、NHKで観たように記憶している。お喋りで映画好きでクルーゾー版を劇場で観たという叔母がそばにいて、解説というよりは、次に起きる出来事を頼みもしないのにペラペラとまくしたてるものだから、辛抱たまらず「やめてー」とわめいてしまったのは小学5年生だったか。その後、『パリは燃えているか』(1966年)でイブ・モンタンを見て、あの時の男優だと思ったのだから間違いない。クルーゾー版の衝撃は著しく鮮烈で、1978年に日本公開されたフリードキン版を観てもピンとこなかった。アクション・シーンは確かに大がかりで見応え十分なのだが、いずれも断片的な描写にとどまり、ストーリーテリングのリズムと韻律を欠いて、『フレンチ・コネクション』(1971年)や『エクソシスト』のように映画に呑み込まれるような気分を味わえない。そのころプログレッシブ・ロックに凝っていて、注目のバンド、タンジェリン・ドリームのサウンドトラックだけはいち早く輸入盤専門店の新宿レコードで手に入れていたから、それを絵付きで聴いただけのような印象。かつて『エクソシスト』のイントロにマイク・オールドフィールドの『チューブラー・ベルズ』を使ったフリードキンの、音楽センスだけが光る映画のように思えたのだった。

『恐怖の報酬〈オリジナル完全版〉』
(C)MCMLXXVII by FILM PROPERTIES INTERNATIONAL N.V. All rights reserved.

 それがこともあろうに、作者に無断で30分もカットされた短縮版を観せられていたとは。大赤字映画の『恐怖の報酬』を遅れて世界配給したCICの、どれだけでも多く稼ぎたいという苦肉の策が、芸術に鋏を入れることだった。当時破格の製作費2000万ドル(現在の100億円相当)を共同出資したユニバーサルとパラマウントという2大メジャー・スタジオが、興行的失敗の責任を逃れて作品の権利を主張しなかったことから、過去数十年間にわたり上映できない状況が続いていたという。それを『恐怖の報酬』こそ最高傑作と語る執念の人、フリードキンが訴訟まで起こして権利問題を解消し、121分のオリジナル完全版を復活させたのだ。かつて『恐怖の報酬』を見捨てたユニバーサルは、直後『スター・ウォーズ』の贋作テレビ・シリーズ『宇宙空母ギャラクティカ』(1978年放送開始)に大枚を投じ、パラマウントは初の劇場版『スター・トレック』(1979年)に『恐怖の報酬』の倍の予算を注ぎ込んでいる。

『恐怖の報酬〈オリジナル完全版〉』
(C)MCMLXXVII by FILM PROPERTIES INTERNATIONAL N.V. All rights reserved.

フリードキンは“運命”は変えることができると自ら実証した

 改めて121分のオリジナル完全版を観る。物語の骨子はクルーゾー版と同じである。しかし同じ原作を元にしているが、2本の映画はそれぞれ芸術的アプローチが根本的に異なっている。比較論が意味をなさないのは明白だ。フリードキン版は、4人の男たちが政治的混乱の真っ只中にあるチリのポルヴェニールに逃げざるをえなかった所以から、彼らの心理にいたるまで、より深く掘り下げてみせる。ナチス残党狩りの殺し屋ニーロ(フランシスコ・ラパル)、爆弾テロ犯のカッセム(アミドゥ)、不正を犯したストック・ブローカーのマンゾン(ブルーノ・クレメル)、マフィアに追われる強盗犯のスキャロン(ロイ・シャイダー)。国も素性も違う犯罪者たちを、メキシコ、イスラエル、フランス、アメリカと舞台を変えながらマルチリンガルのプロローグでじっくり紹介する。

『恐怖の報酬〈オリジナル完全版〉』
(C)MCMLXXVII by FILM PROPERTIES INTERNATIONAL N.V. All rights reserved.

 世界の果ての吹き溜まり、ポルヴェニールのそこかしこには「UNIDOS HACIA EL FUTURO=未来に向けて団結しよう」と印刷された政府のプロパガンダ・ポスターが貼られているが、それは運命から脱出したいなら団結するしかない4人へのはなむけの言葉のようでもある。オープニングのタイトルバックにうっすらと浮かび上がり、ニトロを積んだトラックが出発した直後にも現れるギョロ目で牙をむいた大きな口の石彫りは、彼らの門出に呪いをかける魔術師(Sorcerer)にちがいない。暴風雨にさらされながら、いまにも崩れそうな吊り橋を、絶滅寸前の巨獣を思わせるポンコツ・トラックで乗り越えるシーンは、映画史上屈指の息詰まる10分間だ。さらに想像を絶する困難が行く手を阻み、根性と知恵と、いつしか生まれたチームワークで乗り切るが、それも束の間、ひとり生き残ったスキャロンだけが艱難辛苦の末に目的地間近の渓谷にたどり着く。その氷のように冷たい青色の風景の中で、トラックは氷河期に絶滅した恐竜のごとく生き絶える。タンジェリン・ドリームのけたたましいシンセサイザーの和音が重なるこのシーンは、それまでのリアリティ重視の映像とはまるで対照的で幻覚的。過去の過ちにとりつかれたまま折り合いをつけることができないでいる心的外傷後ストレス障害(PTSD)者、スキャロンの殺伐とした心の風景を描いている。

『恐怖の報酬〈オリジナル完全版〉』
(C)MCMLXXVII by FILM PROPERTIES INTERNATIONAL N.V. All rights reserved.

 映画のテーマは運命である。運命は自分で変えられるものではなく、運命によって人生が決められているという、1977年には場違い過ぎて悲観的な世界観が全体を支配している。それを現実に置き換えてみると、一度は運命によって死んだ『恐怖の報酬』が、いまこうして蘇ったのは運命の悪戯ということになろうか。いや、そうではないのだ。フリードキンは、運命は自分で変えることができることを自ら実証し、『恐怖の報酬』の生い立ちをハッピーエンドで締めくくったのである。そう思えば、これほど最高に痛快な映画はない。

『恐怖の報酬〈オリジナル完全版〉』
(C)MCMLXXVII by FILM PROPERTIES INTERNATIONAL N.V. All rights reserved.

監督監修の4K修復版が世界を熱狂させ、ついに日本上陸!

中子氏の本稿の通り、本作は2年の歳月をかけ、2000万ドル(現在の100億円に相当する)を投じて製作されたにも関わらず興行は失敗。米国以外は短縮版で公開され、その後は長らく上映できない状態だった。フリードキン監督によって4Kデジタル修復されたオリジナル完全版は、2013年にヴェネチア映画祭で初披露され、その後、LA、パリ、カンヌ映画祭、ロンドンで公開。この秋、いよいよ日本に上陸する。(中谷祐介)



作品紹介

『恐怖の報酬〈オリジナル完全版〉』

監督:ウィリアム・フリードキン
脚本:ウォロン・グリーン
原作:ジョルジュ・アルノー
出演:ロイ・シャイダー/ブルーノ・クレメル/フランシスコ・ラバル/アミドゥ
人生のどん底から這い上がるために危険物質のニトログリセリンをトラックに積み、道なきジャングルを突き進む男たちの壮絶な運命を描く。劇場公開時にカットされた約30分のシーンを復活させた完全版にて上映。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play