Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「グリーンブック」ポスタービジュアル

トロント最高賞「グリーンブック」特報、黒人ピアニストと偏見だらけの白人が旅へ

ナタリー

18/12/14(金) 12:00

第43回トロント国際映画祭で最高賞にあたる観客賞を受賞した「グリーンブック」の特報がYouTubeにて公開された。

実話をもとにした本作は、「愛しのローズマリー」「メリーに首ったけ」で知られるファレリー兄弟の兄ピーター・ファレリーがメガホンを取ったロードムービー。1962年、人種差別が根強く残るアメリカ南部へコンサートツアーに出かける黒人ジャズピアニストと彼の用心棒兼運転手として雇われた粗野で無教養な男が旅するさまが描かれる。

「はじまりへの旅」のヴィゴ・モーテンセンがナイトクラブで働き、家族のために黒人の運転手を引き受けることになるイタリア系のトニー・リップ、「ムーンライト」のマハーシャラ・アリがインテリで気品にあふれたピアニストのドン・シャーリーを演じた。

特報では、黒人を受け入れるビジネスやサービス機関のリストが記載されている“グリーンブック”を頼りに旅を進めていくトニーとシャーリーの姿が映し出されていく。トニーからツアーへの同行を頼まれたシャーリーが「黒人と南部に?」と切り返すさまや、シャーリーがレストランで入店拒否される様子など、黒人への差別が色濃く残っていた時代を感じさせる内容だ。

「グリーンブック」は3月1日から東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー。

(c)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

アプリで読む